lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラビット・ホラー3D  

zjw0ZV2.jpg
公開年:2011
監督:清水崇
脚本:林壮太郎, 保坂大輔, 清水崇
音楽:川井憲次

『呪怨』の監督として有名な清水崇監督の作品です。トレイラーを見て、面白そうじゃな~いと思ったので鑑賞に至りました。
まあ正直『呪怨』が良すぎるのであんまり期待してなかったんですけども。

ストーリー(allcinemaより引用)

10年前の母親の死がトラウマとなり、以来、口がきけなくなったキリコ。ある日、彼女の10歳になる弟が学校で飼っているウサギをたたき殺す事件が起きる。その弟は着ぐるみのウサギに導かれ、納戸を通って不思議な遊園地へ。やがてキリコも弟を追って恐るべき世界へと足を踏み入れてしまうのだが…。



主人公を演じるのは満島ひかりちゃん。可愛いですね。精神的ショックにより口がきけなくなってしまったようです。しかしながら弟思いの良い姉で、弟の様子がおかしいことを走り書きで父親に伝えようとします。
父は絵本作家。二人の妻を亡くした悲しみを紛らすように創作に没頭します。「人魚姫」の立体絵本を捜索する父。両足の代わりに声を失った人魚姫を我が娘に当てはめ、「お前は何を代えたんだろうな」と涙するシーンもあります。
07.jpg

ある日3D映画を観に行った兄弟。画面から飛び出すように浮かぶウサギのぬいぐるみに大悟は思わず手を伸ばします。するとなんと取れてしまった。そこから大悟は不思議な世界へ連れていかれます。
この「世界」、要素的にはファンタジーなのですが、デル・トロ監督のような美しいふわふわきらきらファンタジーではなく、どこか寒いファンタジーで、ホラーを期待して鑑賞するに至った方にはこのビミョーなファンタジー加減はかなり違和感のある流れかと思います。
バニーマン/殺戮のチェーンソー』のように思いっきり可愛いデザインでもない本作のウサギですが、別にそれが怖いってわけでもない。学校にまでついてきたウサギが直立不動で廊下に立ってたのは嫌だったなーと感じましたが、正直どんなデザインでもデカい着ぐるみが立ってたら嫌ですよね(笑)
ちなみに走ったりもするので「怖い」というよりかは「可愛い」の部類かと思います(笑)
Tormented.jpg rabbit-2.jpg

ホラー要素としては、物置での女性の影が一番驚いたシーンですかね。まさにジャパニーズホラーな恐怖がそこにはあったかと思います。その他は特に無しですが、強いて何かを挙げるとすれば、ウサギの腹からキリコの頭が出てくるところでしょうかね。このキリコは死んでるわけでもなく、眠っているだけなんですが、ゴキっといけそうな角度です。もちろんそんな流れにはならないのですが・・・(主人公だしね)。
20110829_985366.jpg img_4_m.jpg

富士急ハイランドのアトラクション「戦慄迷宮」が撮影に使われているのは前述しましたが、作中では大悟の母親が運ばれた病院で、いまは廃墟となっているという設定で使われます。ということで元病院なわけですが、セットがリアルにしっかりしているわけではないのでなんだか浮いている・・・ここでもう「アトラクションの待ち時間に画面に流れてる設定映像だ」感が否めませんでした(笑)
結局、CG使いまくってファンタジー要素入れて「人魚姫」と「不思議の国のアリス」をモチーフとしてホラーを作りたかったんでしょうけど、全部滑ってる感じです。
途中、良いどんでん返し要素が入るのですが、その後もしつこいくらい話が続きます・・・そこでやめときゃ良かったのにっていう感じ。何もかもがビミョーな作品です。

総合して、観なくてよい作品でした(笑)
一番面白かったのは特典で入っていたフェイク予告ですね・・・それが一番面白かったです(笑)

★☆☆☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/06 Mon. 18:41 [edit]

category: ホラー映画

thread: ホラー映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/682-8bb7e650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。