lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ブラッディー・バレンタイン 3D/My Bloody Valentine 3D  

My-Bloody-Valentine-3D-Poster-horror-movies-2999818-830-1280.jpg

公開年:2009
監督:Patrick Lussier
脚本:Zane Smith ,Todd Farmer, John Beaird
音楽:Michael Wandmacher

どうしてもどうしてもオリジナルから観たかったのですが耐えられずリメイクから観てしまいましたパターン。
かの有名な『血のバレンタイン』の3Dリメイクになります。ちなみに日本版なのでカットシーンがあります。残念。

ストーリー

アメリカの小さな田舎町ハーモニー。10年前、ここで新米作業員トムが原因の炭鉱事故が起こり、5人が亡くなった。唯一の生存者だったハリー・ウォーデンは1年間昏睡状態が続いた後、バレンタインデーに突然目を覚ますと、つるはしを手に住民22人を殺害する凶行に及んだ。
そして現在。平穏を取り戻したハーモニーに罪の意識に苦しみ続けるトムが戻ってくる。そんなある夜、炭鉱夫のマスク姿につるはしを持った殺人鬼が出現、ハーモニーの町に再びあの悪夢が甦る。



ということで、スラッシャーものになります。派手に殺すぜ!ということで、どんな風に犠牲になるのかが見ものなんだということですね。
主人公トム演じるはドラマ『スーパーナチュラル』で大人気のJensen Acklesです。イケメンだな~特に声が。
そしてもう一人の主人公的キャラクターはポリスのアクセル。所帯持ちのくせに妻の職場の人間と不倫をするクソ男です。
tumblr_ls1798jSvN1r1t8t7o1_r1_500.jpg Kerr-in-My-Bloody-Valentine-kerr-smith-22523946-704-384.jpg


そしてトムの元カノでありアクセルの妻であるサラ。そしてサラと同じ職場で働きアクセルと不倫をするメーガン。事件に巻き込まれるメインキャラクターは大体この四人です。
対する恐怖の象徴ハリー・ウォーデン。十年前の炭鉱事故の生存者であり、九年前の大量殺人の犯人です。そして同じ手口同じ姿でまた町に殺人事件が起こっていきます。ガスマスクに作業着につるはし。キャラクターデザイン的には完璧です!
02.jpg my-bloody-valentine-3d-2009-miner-killer-billboard.jpg


冒頭は炭鉱事故、ハリーの入院先での惨殺行為、そしてティーンズ時代のトムたちが巻き込まれた炭鉱事件と続きます。
まあホラー映画にはよくあるイケイケティーンエイジャーのパーティなわけですが、トムは消極的・保守的なところがあるらしく、アクセルに「地味すぎるだろあいつ」といじられたりしてます。もうこの時点で「死なない気がする」と私のホラーアンテナがキャッチするわけですが・・・。
My-Bloody-Valentine-my-bloody-valentine-3d-12781314-900-506.jpg My-Bloody-Valentine-my-bloody-valentine-3d-12780985-900-506.jpg
地味キャラトム、そして病院での大殺戮


そろそろ個人的感想に入ります。
今作、最初っから素晴らしいほどスプラッター!です。最高。しょっぱなから上半身切断とか目玉ぐしゃとかあります。最高。
その後も印象的なスプラッターシーンを見せつつ、ストーリーは複雑ではなくシンプルにまとまります。
良かったのはですね、電球が光るときだけハリー・ウォーデンの姿がちらちらと見えたりするところ。演出として最高です。
オチは綺麗で、しかもホラーらしく、尚且つ演技がとても良い。顔を震わせて目をかっぴらいてるんですが(ネタバレすれすれ)、それがなんともキャラクターらしさを強調していて素晴らしいですね。

未鑑賞の方には楽しんでいただきたい作品なのでネタバレを避けて多くは語れませんが・・・スプラッター好きにはたまりません。
3D作品なので劇場用の視覚効果・描写がそれを意識しているところがあり、DVDでは惜しい気もしましたが、それを抜いても十分見ごたえのある作品です。
シンプルなそのストーリー、スラッシャー度、キャラクターデザインの良さに星を増やします。


★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/22 Mon. 19:28 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/646-d7678a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。