lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラバー/Rubber  

T0012279p.jpg

公開年:2010
監督・脚本:Quentin Dupieux
音楽:Gaspard Augé, Mr. Oizo

一時期大変話題になりました今作、今更ながら鑑賞に至りました(笑)
TSUTAYAのホラーコーナーにあったんですが、一応ブラックコメディ枠っぽいので「ホラー映画以外」に置いておきたいと思います。
ですが、首が吹き飛ぶなど結構ゴアなところもあるのでそういうのが本当にダメな方はちょっとびっくりしちゃうかなあ、と思います。

ストーリー(映画.comより引用)

砂漠に打ち捨てられた古タイヤのロバートにある日突然、命が宿る。
やがてロバートは念じるだけで物を破壊できるテレパシー能力をもっていることに気がつき、最初は小動物やゴミを破壊していたが、次第に人間に興味を持ちはじめて……。



はい、大体どんな映画か分かりますね。主人公はタイヤのロバートです。なんでロバートって名前があるかは分かりません。
冒頭は先ず保安官の語りから始まります。カメラ目線で鑑賞者に「理由がないということはあるんだ」と語ります。
例えば、「なぜ『悪魔のいけにえ』でレザーフェイスが殺人のあと手を洗うシーンがないのか?」・・・「理由は、ない」
といったように、有名どころの映画を例えに挙げて「映画の世界には”理由もなし”に何かが行われたり、存在したり、無かったりするのだ」というようなことを、とうとうと語るわけです。いきなりそんな語られましても・・・いや、でも確かに、そう言われてみれば気になってくる・・・。
rubber-movie-still-7.jpg
唐突なスピーチ


そしてタイヤのロバート(以下ロバート)は意思を突然持ってしまい、よろよろと回り何度もこけながらひたすら転がっていきます。ここでね、なんかもう雰囲気が良いんですよ。何度も倒れては立ち上がり転がっていくそのロバートの姿に、なんとなく心が動かされるんですよ。「ロバート・・・!がんばれ・・・!」って。制作陣の思うつぼですよほんと(笑)
ストーリーにもありましたように、「殺人タイヤ」と宣伝されていたロバート、なんと念力で相手をぶっ潰します。そう、轢き殺すんじゃないんですよ。私が勝手に妄想してたんだと言われればそれまでなんですけど。
じゃあなんでタイヤなの?・・・「理由はない」、そういうことなんでしょうね(笑)
0.jpg


未鑑賞の方はここで「なんだそれ、ネタ映画じゃん」みたいな感じで笑うことかと思います。
ロバートの殺人劇場はまあ、「タイヤが突然震えてキィキィ言い始めたと思ったら対象物が爆発する」というだけなので、飽きる人は飽きるのかもしれません。私は好きだけど。
そんな人たちのための箸休め要素がちゃんとあるんですよ。「鑑賞者たち」の存在がそれです。
彼ら「鑑賞者」は遠いところから双眼鏡でロバートや事件に巻き込まれる人々を覗いています。そして二言三言感想を言うわけですね。彼らはその一部始終を「作品」として批評しています。
これ、とても上手だなと思うんですよ。ただでさえ「タイヤが念力で人を殺す」なんて設定がぶっとんでるところを、この「鑑賞者」の存在を入れて、我々鑑賞側を落ち着かせておいてくれるんですね。宥めてくれるというか(笑)
もちろんその「鑑賞者」たちにもストーリーのようなものがあって、ただぼけっと突っ立っておくだけではありません。一応ね。
ロバートサイドと鑑賞者サイドがどう接点を持つのかってところですね。
2.jpg rubber-movie-review.jpg


そろそろ感想に入りましょう。
この作品、独特な味がありますので好き嫌いが分かれるかと思います。
「こんなくだらない映画!」という人もいれば、「なかなか面白いじゃない」という人、なかには「これは哲学的作品だ!」なんて仰る方もいらっしゃるようですよ。
私としては、中間の「なかなか面白いじゃない」という感じですね。味があると思いますよ。
ロードムービー、ホラー、ブラックコメディ、ドラマなどなどの要素があります。「え!?そんなに!?」って感じでしょうが、要素としてはありますよ(笑)ともあれ、「何をしてもいいよ」という寛容さは持っておいたほうが良いかもしれません。なぜならこの作品は「理由はない」ことをテーマとしているようなので(笑)

オチは良い意味で笑えます(笑)B級ホラーの「なんじゃそりゃ!」という展開を笑って観れる人にはウケるかな~
映画を真面目に観る人には向かない映画化もしれませんね(笑)
しかしながら、タイヤが転がる様子が映っているだけなのに感情移入させられるところはとても評価しています。
あとゴアさが結構素敵ですよ!頭が飛ぶシーンは制作陣にグッジョブと伝えたいところです。
rubber-movie-still-4.jpg


ロバートの今後に期待!
★★★☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/16 Sat. 19:47 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/637-39c432a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。