lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヘルボーイ/Hellboy  

poster2_20160310120000c88.jpg

公開年:2004
監督・脚本:Guillermo del Toro
音楽:Marco Beltrami

TSUTAYAでたまにはSF棚を見ようと思ったらアメコミ映画が沢山あり、ダークヒーローということでたまたま鑑賞に至りました。
アメコミってSFにカテゴライズされるんですね!驚きでした。
監督は我らがギレルモ・デル・トロ。わたし彼の作品をいろいろ観るまで、彼のジャンルはホラーだと思っていたのですが、彼はファンタジーとSFの監督って感じですね。またホラーも撮ってほしいところですが・・・。
美術には『ブレイド2』のマイク・ミニョーラが大きく貢献したようです。


ストーリー

第二次世界大戦末期、敗色濃厚なナチスは起死回生を狙い、妖僧ラスプーチンと手を組み異界から邪悪な神を召喚しようと計画していた。
そしていよいよ計画が実行に移されようとしたその時、アメリカ軍が急襲、異界に呑み込まれたラスプーチンと引き替えに真っ赤な姿の奇妙な生き物が異界から産み落とされるのだった。
その生き物は“ヘルボーイ”と名付けられ、超常現象学者ブルーム教授によって大切に育てられる。やがて成長したヘルボーイは、教授が設立した極秘の超常現象調査防衛局(BPRD)のエージェントとして異界からの侵略者たちと日夜死闘を繰り広げていた。



魔界から来たダークヒーロー!しかもナチスネタかよー!
ナチスといえばホラーでもよくネタとして使われていますね、私は軍服のデザインだけは好きだったりします(ハーケンクロイツは歴史上の出来事を想起するので嫌いです)。

登場人物紹介といきましょう。
先ずは主人公のヘルボーイ!昨日テレビ番組で放映されていた『パシフィック・リム』でハンニバル・チャウを演じていたロン・バールマンです!特殊メイクじゃなくても十分いかつい彼はぴったりの役ですね(笑)
そして相棒のブルーことエイブ。演ずるのは『ミミック』『パンズ・ラビリンス』などにも出演しているダグ・ジョーンズです。調べて初めて知りましたが、『バットマンリターンズ』でもちょろっと出演しているみたいですね!彼は人間離れした役ばかりなのだろうか・・・(笑)
ヘルボーイは強靭な力を持っており、猫だけが友達という可愛らしい設定です(笑)
エイブは前頭葉が発達していてその場所の記憶などが感じ取れる能力を持っています。しかしエラ呼吸なので外では呼吸器をつけています。
20101008_621191.jpg 20101008_621189.jpg
エイブとヘルボーイ


そしてヘルボーイが思いを寄せる超能力者エリザベス(愛称:リズ)は自然発火の能力を持っています。演ずるのはセルマ・ブレア。リメイク版『ザ・フォッグ』にも出演しています。
ヘルボーイの父親のような存在であるブルッテンホルム教授は『エイリアン』『ハリーポッター』シリーズ、また 『V・フォー・ヴェンデッタ』でも活躍したジョン・ハートが演じています。
リズはかなり病んだキャラで、顔色も悪いので「大丈夫かなこの人」って感じですが、続編では大活躍するキーキャラクターです。
320287_001.jpg 320287view003.jpg
病み病みのリズと、ブルーと記憶を共有する教授


今回の敵キャラはナチス軍の人たちです。
『ハムナプトラ』のイムホテップを連想させるような体格のオカルト・アドバイザーグリゴリ、ナチス随一の殺し屋クロエネン、ナチスの女性将校エルザ。どれも良いキャラです。
特にクロエネン!!この人はカッコいいですよ~。随一の殺し屋という異名に納得できる強さで、銃の扱いも剣の扱いも素晴らしい能力を持っています。ナチス軍服が似合うこと似合うこと・・・。
クロエネンはマスクを被っているのですが、作中でその素顔が見れます。私好みの素敵な感じでした♪
img_1_2016031011595700c.jpg HELLBOY-44.jpg
今回の敵たち、カッコよすぎるクロエネン


今作の監督がデル・トロであることは既に書きましたが、デル・トロっぽさはOPに表れてたかなと思います。
全体としてアメコミの王道な展開な作品で、見慣れない私にはあんまりツボに入らなかったかなあという感じ。クロエネンのカッコよさにはきゃいきゃいしましたが(笑)
クロエネンは素早い動きで相手を追い詰めるキャラクターですが、ちょっとアクションが物足りなかった感あります。
音楽としては挿入歌が良かったかな!レッドとブルーのカッコいいやり取りもそれで映えます。


まあ、アメコミ映画としては王道ということで★3つ。

★★★
スポンサーサイト

Posted on 2016/03/10 Thu. 12:36 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/616-706a7587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。