lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジュラシック・ワールド/Jurassic World  

Jurassic_World_Tall.jpg

公開年:2015
監督:Colin Trevorrow
脚本:Rick Jaffa, Amanda Silver, Derek Connolly, Colin Trevorrow
音楽:Michael Giacchino

大人気の『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作!
これは絶対劇場で見た方が良いと思い、3D鑑賞してきました。先に言いますと、劇場で観て大正解でした。
制作総指揮にはなんとかのスピルバーグが!!これは大期待、ということになります。


ストーリー

事故の起こった「ジュラシック・パーク」にかわり、新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、ジャイロスフィアという球体の乗り物でめぐる恐竜見学や、モササウルスの水中ショーなどで人気を博していた。
さらなる人気を獲得したい責任者のクレアは、飼育係オーウェンの警告も聞かず、遺伝子操作により、凶暴で高い知性をもった新種の恐竜インドミナス・レックスを作り出すが……。



結局ジュラシック・テーマパークが作られてしまったということですね・・・。
さて、登場人物紹介といきましょう。

まずは主人公のオーウェンは、元軍人で小型肉食獣・ラプトルの飼育と躾を担当しているジュラシックワールドの飼育員。オーウェンを演じているクリス・プラットは『ジェニファーズ・ボディ』などにも出演しています。
そしてそのラプトルを軍事利用しようとしているのがジュラシック・ワールド警備部長。オーウェンと対立します。
chris-pratt-as-owen-grady-in-jurassic-world-p.jpg jurassic-world-introduces-vincent-d-onofrio-s-character.jpg


次に、ジュラシック・ワールドの運用管理者で科学者のクレア。以前オーウェンと関係があったようですが、管理者としての計画とオーウェンの意見は対立しているようです。見るからに出来る女!!って感じですね(笑)
しかしながら卑怯なことはせず、勇敢なところもある人です。
そしてその甥である兄弟のザックとグレイ。兄であるザックは完全に、恐竜オタクのグレイの子守的な立場で同行していますが、グレイをあしらいつつもなんだかんだ楽しんでいたり。グレイはまさにオタクといった語りをします。親近感(笑)
JURASSIC-WORLD-BRYCE-DALLAS-HOWARD.jpg Jurassic-World-Zach-and-Grey-640x370.jpg


さて、他にも活躍するキャラクターはいるのですが、登場人物はここらへんにしておいて今度は登場怪物といきましょう!
まずは海中で最も大きい恐竜、モササウルス!かなりでかいです。ビビります。
ジュラシック・ワールドではイルカショーのような立ち位置でゲストを楽しませています。
24225.jpg 141126ktjworld-thumb-640x320-94177.jpg
迫力満点。でも怖い・・・


そして遺伝子操作で生まれた新種、インドミナス・レックス。刺の多いデザイン、そして骸骨のような顔をしており、性格は狂暴。もちろん肉食です。ショーに出ることもなく、監視下に置かれていましたが、頭がよく、飼育スペースを抜け出してしまいます。
27c352698f5ed0a44d736c3120a068f8.png


そして我らが兄貴、T-レックスもでます!これがめちゃくちゃカッコよくてですね~。すんごい痺れますよ!!
そんでもって実はこのT-レックスさん、シリーズ中に出てきた恐竜なんですね。よく見ると分かるようになってます。
tyrannosaurus-rex-detail-header.png


あとは鳥タイプの恐竜や草食恐竜もいます。
これらの恐竜を観て回れるのがジュラシック・ワールドというテーマパーク、ということですね。
ac3f9f5f.png jurassic-world-super-bowl-10_small.jpg
こんなに間近に観れるのはジュラシック・ワールドだけ!


そして今回最も活躍するのはヴェロキラプトルちゃんたちです!
ネット上でも可愛いと評判になりましたね~。シリーズファンにとっては、ラプトルといえば恐怖の対象でしかないので”可愛い”という感想が持ちにくいと思うのですが、今作では躾されてるので特に怖さもありません。
JurassicWorld_superbowl-03.jpg


紹介はここらにしてそろそろ感想に入っていきたいと思います。
まあ様式美で「恐竜が逃げ出した!大変だ!」っていう展開なのですが、今作はシリーズにあったような恐怖はありません。ロマンはたっぷりあります(笑)
人間関係や恐竜の恐怖というよりは、恐竜の迫力やロマン、恐竜同士の戦いのカッコよさなどなどに魅力がある作品でした。なおかつ戦闘は無駄に長くなく、さっぱり終わらせてくれている好印象な作品です。
あんまり人間のキャラは目立ってませんでしたし、むしろ人間いらなかったんじゃないか・・・?くらいには思いました(笑)
jw_main.jpg jw_031.jpg
大変なことになったと慌てる人間、犠牲者が映るモニター。


残念なのは、私の大好きなディロフォサウルスちゃんがホログラムでしか出なかったことです・・・エリマキ・・・
しかしながら、恐竜にロマンを感じる人にはかなり質の良い作品だったんじゃないかとは思います!
迫力が売りの映画で、ホラー感、緊張感はシリーズ中もっとも低いですが・・・。何より、人があまり食われないから(笑)

もうちょい緊迫感が欲しかったですが、良い作品でした!

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/03/07 Mon. 15:01 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/602-9b2ca0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。