lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダイバージェントNEO/The Divergent Series: Insurgent   

o0480065413428235940.jpg

公開年:2015
監督:Robert Schwentke
脚本:Brian Duffield, Akiva Goldsman, Mark Bomback
音楽:Joseph Trapanese

とりあえずなんか映画観る?ということで劇場へ行ってきました。
実はですね、シリーズものとは知らずに鑑賞してしまいまして、今回のレビューは中途半端なのをご了承ください(笑)

ストーリー(映画.comより引用)

人々を性格別に振り分けて5つの共同体で管理する近未来の世界。
その中で危険視される「異端者(ダイバージェント)」のトリスとフォーは厳しい戦いの末に生き残るが、宿敵である「博学(エリュダイト)」の指導者ジェニーンの策略により逃亡の日々を送っていた。
トリスとフォーは次々と降りかかる困難に立ち向かいながらも、「博学」の指導者たちが「異端者」を排除する理由を突き止めるべく奔走する。やがて彼らは、「異端者」とこの世界にまつわる衝撃の真実にたどり着く。



さて、まずは世界観の設定ですね。ストーリー紹介にもありました通り、性格で所属する派閥が違ってくるのですが、全部で5つあります。
まず、無欲を司る「アブネゲーション」(行政担当)、平和を司る「アミティ」(農業担当)、高潔を司る「キャンダー」(司法担当)、博学を司る「エリュアダイト」(教育・研究担当)、勇敢を司る「ドーントレス」(軍事・警察担当)。無派の人々もいます。
そしてそのどれにも所属しないのが「異端者」であるダイバージェントということですね。
1d73284b-9178-47b4-81f7-a7f007898052.jpg
それぞれにシンボルマークがあります

登場人物もそれぞれ元々所属していた派閥があるのでそれも一緒に紹介することとします。

まずは主人公のトリス。元々は勇敢タイプですが、異端者であることを隠しつつ過ごしています。恋人であるフォーも勇敢タイプ。二人はなんとか世界に革命を起こしてやろうと企て協力し合います。
次にトリスの兄であるケイレブは博学タイプで、理性的で社会に順応しようと思いながらも革命に参加します。
そしてそしてもう一人の仲間は勇敢タイプに所属するピーター!こいつがとても良いキャラをしてましてね~。「本当にこいつ勇敢タイプなのか!?」と思うような奴なんですが、とっても大活躍してくれるキーキャラクターなので注目しておくと良いかと。
Crankin_3882010_1.jpg


今回の敵は、ダイバージェントの研究をしている、エリュアダイト(博識)のトップ、ジェニーンです。もう見るからに「プライド高くてできる女」って感じですね(笑)
彼女はとある不思議な箱を開けるダイバージェントの能力を使うため、異端者たちを捕まえては実験台にしています。もちろんトリスもその候補にあがるわけで・・・
insurgent-movie-jeanine-death.jpg
ザ・できる女

結局トリスたちは捕まったり裁判にかけられたりしますが、その裁判官がまた良いキャラをしてましてね~!まあ高潔タイプのトップなんですが、真っ白なスーツを着たりして「こいつ白米か?」と思いました(笑)
トリスの巧みな言葉によって無理やり納得させられるほど、「高潔」には譲れないところがあるようです。
Insurgent.jpg
捕まっちゃったよ~

そしてトリスは結局実験台となってしまうのですが、その実験とはバーチャル世界での試練を超えること。5つの派閥のどの性格をも持つ者だけが秘密の箱を開けることができるのです。
448866_014.jpg
自分にそんな力があるとは思わないトリス


さて、そろそろ感想に入りましょう。
まあ前作を観ていないのもありますが、それを考えてもこの映画は冗長です。
いらんところに豪華なCGを使い、世界観もよく分からないままにストーリーが進んでいく・・・。
原作を知っている方なら少しは分かるのかもしれませんが、初見からすると捉えにくいです。
そして突っ込みどころ満載!笑わせに来てるのかしらと思います(笑)
この作品はピーターという個性輝くキャラクターによって支えられてるなあなんて思いました。彼の活躍とキャラは愛されるものです。
他のキャラクターは特に活かされているところもないように見え、トリスの心理描写も甘い気がします。
もう少し熱い展開にできないかなあと思うところです。大げさに演出しているけど中身があまりないかな・・・。

ということで、久々に酷評していますが、まあDVD借りて観るくらいでいいでしょう。

★★☆☆☆

スポンサーサイト

Posted on 2016/03/07 Mon. 13:20 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/601-bb48da61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。