lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ホラー★シネマ★パラダイス/All About Evil  

poster2.jpg
公開年:2010
監督・脚本:Joshua Grannell
音楽:Vinsantos

なんとなしに観てみた作品。ポップで面白そうな邦題に釣られてしまいました。

ストーリー
デボラは亡き父が遺した小さな劇場「ヴィクトリア・シアター」を細々と経営するあか抜けない女だった。
昼は図書館で働くがドジばかり。夜は劇場を開きホラー映画を上映する。そしてマニアックなホラー映画好きにポップコーンとドリンクを渡す日々を送っていた。
そんななか、冷酷で意地悪な母が、劇場を売却する旨の書類にサインするようデボラに迫る。彼女はかつて、デボラが幼い頃に舞台で失禁したときもあざ笑うような人間だった。もちろん書類のサインは断るデボラ。
そしてある日、彼女は逆上の末、劇場のロビーで母を殺してしまう。幸い客は既に劇場で着席して上映を待っている状態だった。
デボラは急いで投影機を起動させるが、誤って防犯カメラの記録を流してしまう。そこには先ほどの殺人が映っていた。
しかし観客たちはそれを「よく出来たホラーショートフィルムだ!」とし、劇場内は拍手に包まれた。その時、デボラは自身の中で何かが目覚めたのを感じた。「私は才能ある映画監督なのだ」・・・。

こんな感じですかね。
では早速感想に入っていきましょう~

先ずはオープニング。かなり良いですよ~!
クラシカルなホラー映画のポスターをちょっとアレンジしたものが次々と画面に現れる様は、ホラー映画へのロマンと喜びをよく喚起してくれます。

魅力的なキャラクターたちはポップでホラーで愛すべきそれぞれの個性があります。
先ずは主人公であるデボラ。彼女は序盤ではあか抜けないドジな根暗っぽい女性なのですが、目覚めてからはバッチリメイクで人が変わったように自信ありげに語ります。これは観ていても驚きました。本当にお顔も変わってるんだから!
もう少し私もしっかりメイクしようかな・・・なんて思いました(笑)
all_about_evil_poster01.jpg all_about_evil01.jpg
ビフォー・アフター


さて、その他にはデボラのショートフィルムに参加する様々なキャラですね。
先ずは、長くヴィクトリア・シアターに務めている映写技師・トウィグスおじいちゃん。可愛い人なんですねまたこれが・・・母を殺害したデボラに「やったー!!よくやりました!!」とばかりにきゃっきゃ嬉しがり、デボラの映画製作を手伝います。
aae5.jpg
カメラは任せなさい!


次いで、人手が足りなくなったので、と加わった双子ちゃんたち。この子たちはなんと7歳で家族を惨殺するという経歴の持ち主。精神病院に入れられていた彼女たちをデボラが引き取ります。
もう一人は下品で粗暴な男、エイドリアン。なかなかに生理的不快感を与えてくれます(笑)
3.jpg all_about_evil_poster4.jpg
どこかで見たことあるような双子だなあ・・・


魅力的なキャラクターは制作側だけではなく、ヴィクトリア・シアターの常連たちにもいます!
若きホラーフリークスであり、ヴィクトリア・シアターの常連であるスティーヴン。アンダーグラウンド界でのカリスマ的存在、Peaches Christなどなど。名は無くとも個性的なキャラは他にもいます。たぶん私が混ざってても溶け込んでるでしょう(笑)
DEKKER_AllAboutEvilPoster.jpg allaboutevil.jpg
見た目では分からないホラーフリークスと見た目で分かるホラーフリークス


一言で言ってしまうと、とてもよく出来たポップなホラー作品だと思います!
ホラー好きにはポップなコメディとして楽しめる作品で、ギロチンでおっぱい切断やら、うるさい奴の口を縫ったりだとかをポップにやらかしてくれるので笑ってしまうのです。
ショートフィルム作りも、なんだか好きなもの同士が頑張って作っている現場の感じが出ていてとても好印象。愛すべきキャラたちですよ本当に・・・。

とはいえ、デボラは何もホラー映画にこだわっているわけじゃないっていうのがさっぱりしていて逆に良かったです。
もしこれがホラーフリークスとして監督になるっていう映画だったら、もっと中途半端な作品になっていたかもしれません。あくまで、ホラー監督ではないのだ!という感じ。いいですね。

さて、先ほどご紹介したアンダーグラウンド界のカリスマ、Peaches Christですが、実は実在していて、今作品の監督でもあるのです!!驚きですね。私も驚きました(笑)
今作品は彼(彼女)のホラー映画そして規模の大小関わらず映画館への愛などが詰まった作品のようです。確かに、ホラー映画ファン、また映画ファンには愛着の沸く作品です。映画好きなら分かるはず。

とっても良い映画でしたよ♪

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/03/06 Sun. 15:16 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/595-b67cc5a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。