lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アントマン/Ant-Man  

Ant-Man_Poster09.jpg
公開年:2015
監督:Peyton Reed
脚本:Edgar Wright, Joe Cornish, Adam McKay, Paul Rudd
音楽:Christophe Beck

前回に引き続き劇場鑑賞してきた映画をレビューしてみます!が、割と前に観たので結構記憶が危ういです(笑)
さて今回はマーベルコミックの最小ヒーロー、『アントマン』です!
こちらも劇場公開中の新作ということでネタバレを控え、ぼんやりと書いていきますが、内容に触れることがあるので初見の刺激を楽しみたい方はお気をつけてください。
先に一言で言っちゃうと、マーベルコミックヒーロー知らない私でも楽しめましたよ!さくっと楽しめます。

ストーリー
スコット・ラングは服役期間を終え、出所した。仲間のルイスが出所したところを出迎え、住むところすらないスコットを自宅へ連れ帰る。スコットは決意していた。妻と離婚し、頻繁に会えなくなってしまった娘のためにも、もう二度と犯罪は犯さないと。ルイスはそれを残念がるが、無理強いはしなかった。
スコットは意を決して職を探すも、アルバイトくらいしか見つからず、それすらも服役していたことがバレてクビ。結局、ルイスが持ってきた仕事を受け、富豪の家へ忍び込むことに。何重にも施錠された金庫を開けると、そこには不思議なスーツがあった。スコットはこれが大きなことになるとは知らずにそれを盗むが・・・
的な冒頭から始まります。そこから大きなことに巻き込まれ、スコットはアントマンとして戦うことになるわけです。

さてまず登場人物紹介。
今回の主人公はパパです!ストーリーでも説明したように服役していたスコットですが、正義漢なところがあります。娘大好き。元妻の婚約者は気に入らない。そんなパパがヒーローになるわけです。
大富豪の金庫内にはスーツが保管されていたわけですが、これがアントマンスーツなわけですね。
ant-man-antman-ant-man-movie.jpg
なんで金じゃなくてスーツなんだ?


そしてルイス宅で同居しているメンバー3人。この中にスコットが入って4人で暮らすことになります。男ばっかりやないか!!
3人とも抜けてるんだけども良いやつで憎めません(笑)作中では大活躍!!ってわけでもないですが、良い仕事をしてくれますよ。
Michael_Pena_Antman.jpg
俺たちは何をすればいいんだ!?と悪党退治計画を聞いてワクワクの3人


特に、出所したスコットを迎えに来た仲間、ルイス。こいつがめちゃくちゃ良いキャラしてまして!!
冒頭で登場してから最後まで良いキャラしてます。私の中のMVPは間違いなくルイスですね。いろんな感想を読んでみても、やはり人気です。もしかしたら主人公(アントマンの中の人)より人気なんじゃないか?(笑)
どうやらこのルイスが主人公になったスピンオフ作品も噂されているそうで、これから楽しみです。
antman-movie-still.jpg
超良い笑顔のルイス。


お次はピム博士の紹介に。
ピム博士はなんと初代「アントマン」という設定で、今回は主人公のスコットを援護する役になります。
結構頑固なキャラですね~。しかし自分の発明がどのような結果を招くかということに関してしっかりと倫理観を持っている人です。
奥さんを亡くしており、たった一人の娘を大事に大事に思っている良いパパでもあります(喧嘩は多いけど)
Michael-Douglas-Hank-Pym-Ant-Man-43.jpg
わしがこのスーツを開発したんじゃ


はいそしてこちらがその娘さん、ホープ。
ショートカットにスーツ姿がしっかり決まってますね!その印象の通り、気が強くて能力も高い女性です。父親のピム博士とはたびたび喧嘩があるようですが・・・。体術の能力も優れており、作中ではスコットの修行の相手を務めたりもします。
hope-van-dyne-lilly-antman.jpg
すぐに「できる女」と分かる外見


最後に、今回の悪役、ダレン・クロス。
彼はピムの元弟子であり、ピムの会社を引き継いだ人間でもあります。その危険性からピムが隠した亜原子粒子「ピム粒子」の研究を独自に進め、縮小スーツを開発します。軍事に売り込み利益を得ようとするダレンを止める!っていうのが今作品の流れであります。またダレンは開発したスーツを着て「イエロージャケット」としてアントマンの前に立ちふさがったりします。
このイエロージャケットのデザインがまた良いんですよねえ!実は私、背中からいろいろ生えてる人が好きなんですけど(なかなかいない)、下の画像の通りイエロージャケットも生えてるんですよ~!かっくいー!!
アントマンのデザインもどこか「仮面ライダー」を彷彿とさせて好みなんですが(まあ昆虫がモデルという共通点があるしな)、イエロージャケットはハチがイメージされてるらしいですね!いいねいいね~
327158-antman-villain.jpg 150413ktantman-thumb-640x320-99186.jpg
自信ありげなダレン(左)と強敵イエロージャケット(右)


思ったより人物紹介にスペースを取り過ぎたのでここからは一気に個人的な感想に移りますが、やはり良かったのは先ほどもお話ししたイエロージャケットのデザインですね!素敵だなあ~
ストーリー展開的には王道ヒーローものなんですが、それをちょっと冷やかすようなシーンもあったりして、がっつり完璧王道!!ってわけでもありません。そこが根暗な私にもちょっと観やすさを感じさせた要因だと思います。コミカル要素も割と挟まってくるので良かったかな。

まあお察しの通り、アリサイズになるヒーローが主人公なわけですが、一人で戦うのではなく数種類のアリの大群を率いて「軍隊」として戦うので、アリも画面いっぱいに映ります。昆虫のデザイン性がお好きな方にはたまらない!という作品ですが、反対に「ほんっとに虫はだめ」っていう人にはちょっとキツい映画かもしれないです(笑)

今作品は3D上映がされているわけですが、特にそれを必要とは思わなかった感はあります。
最初にアントマンスーツを着て収縮するシーンは迫力がありましたので、ここだけのために3Dっていうのはアリかと思います!(ギャグではない)
antman-movie-stills-scottlang.jpg
初めてアントマンスーツを着る直前のシーン。


そんな感じですかね。アメコミ作品としては『キングスマン』の方がだいぶ好きですが、次回のアントマン登場作品(アベンジャーズ関係)の予習として良かったかな~と思いました。

★★★☆☆
35693fe31-1.jpg
(ホラー要素がまったくない記事が続いているのでちょっとやる気がなくなってますがテキトーレビューなので許してください)
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/22 Thu. 19:04 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/591-9066848f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。