lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ザ・フライ/The Fly  

theflyre.jpg

公開年:1986
監督:David Cronenberg
脚本:Charles Edward Pogue, David Cronenberg
音楽:Howard Shore

ちょっと前にレビューを書きました、『蝿男の恐怖』のリメイクにあたる作品です。
懐かしいですね~!よく映画番組でやっていたものですが、最近は過激描写に厳しい世間だからか、放映されることが本当に少なくなりました。

クローネンバーグ(父)の作品は『スキャナーズ』『ビデオドローム』『デッド・ゾーン』のレビュー記事をブログでも投稿しましたが、どれも独特の雰囲気がありますよね。
今作品『ザ・フライ』は、Body Horror(人間の体が変異したりするホラー)という特徴があります。『スキャナーズ』『ビデオドローム』もそうでした。

ストーリー
ジャーナリストのヴェロニカは、科学者セスが目の前で"テレポッド"という機械を使い、物体の転送(テレポート)を見せると、未発表の研究が外部に漏れることを恐れセスが記事を書くのを止めてほしいと言うのを無視して会社に持ち帰る。ヴェロニカの直属上司ステイシスは、ヴェロニカから伝え聞いたセスの研究をただの手品だと一蹴し、相手にしない。セスの勧めもあり、研究についての記録をビデオ撮影し、独自に密着取材することに決めたヴェロニカ。元カレであるステイシスに邪魔をされながらも、セスと恋人としてもパートナーとなったのであった。しかしヴェロニカとステイシスの中を疑ったセスはやけ酒の勢いで自分を転送することを試みる。すると筋力が凄まじく発達し、今まで縁のなかった女性関係にも暴走するセスであったが、徐々に体に変化が起きていて・・・
的な話です。

ええと、ここは『蝿男の恐怖』と対比しながら書こうかと思います。

まず、彼の作品のリメイクとして位置づけられている今作品ですが、ストーリー展開やテーマは全く違ったものとなっており、設定の一部が共通せども方向としては全く別の関係にあると感じます。
蝿男の方はレビューにも書きました通り、「或る科学者の悲劇」がメインテーマとなり、SFホラーでも物悲しさを強調した作品となっていますが、今作品『ザ・フライ』はまんま「ボディ・ホラー」がテーマになっています。


ボディーホラーといえば前述した『スキャナーズ』『ビデオドローム』もそうですね。クローネンバーグホラー作品の魅力の1つであると思います。
ということで、一部無残な表現、気持ち悪い描写がありますので、苦手な方はお気をつけください。(そこまで酷い描写じゃないとは思いますが、"無残"な方は結構酷いかなあ)

さて、『蝿男の恐怖』では頭部と左腕が蝿と入れ替わってしまう悲劇が起こりましたが、『ザ・フライ』では細胞レベルでの融合になりますので、蝿と人間の2体が存在するわけではなく、一体となってしまいます。ここでもう大きな設定が違っていることになりますから、当然話の流れやオチも変わってきます。

まずですね、『ザ・フライ』に出てくる研究者・セスは一言で言えば「勘違いクソ男」です(笑)
「え、勘違いのクソ男」といえばヴェロニカに固執する元カレ・ステイシスの方じゃないの?」という声も聞こえますが、彼はセスより主人公な気がしますよ!笑
the-fly-1986-21514394.jpg  002679ef_medium.jpeg
(左)セス (右)ステイシス



で、両者の違いは転送装置にもあります。
蝿男の恐怖』では機械がとってもSFチックで、たくさんの設備のスイッチを押すとピロピロピロ~と起動していき、ガラス張りの転送装置に入った物が移動する・・・というものです。このSF感たまらんですね!

一方『ザ・フライ』では、転送装置「テレポッド」と呼ばれる対の機械と、間に古いパソコンがあるだけ。えっ!そんなシンプルでいいのん?うさんくさいなー!と思いました(笑)そりゃヴェロニカも最初疑いますよね(笑)
しかしながらデザインはメインストーリー「細胞レベルでの融合による蝿人間の誕生」をものすごくホラーに描くことに大変影響を与えています。
まさに蠅の卵やサナギを思わせるようなデザインです。これから出てくるセスは当初見た目に変化があるわけではありませんが、やはり「うわ、蝿の卵から出てきやがった・・・」→「蝿の誕生」という印象になるわけです。蝿に関しての知識が無くとも、卵から何かが生まれた、という印象は根付くと思います。

The-Fly-Full-Movie-1080p-HD-Free-Download.jpg
↑テレポッドに肘を乗せドヤ顔をするセス


TheFly.png
↑転送実験を繰り返すセス。動物実験は最初失敗に終わり、無残な姿の動物が出てきます・・・


あ、ちなみに監督であるクローネンバーグ、なんと産婦人科医としてカメオ出演しています(下の画像参照)
こういうポイントって注目しちゃいますね!
the_fly_cameo_01.jpg

蝿男の恐怖』とはまた違った魅力を持つ『ザ・フライ』でしたが、独特の描写が印象強いホラーとして素晴らしい作品であると思います。今はもう地上波(特に夜の映画番組)では放映できないんだろうなあ・・・残念です。

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/29 Sat. 17:13 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 1

コメント

思いっきりテーマから外れてますが、サスペリアリメイクについてです。

 LITHさん、お久しぶりです、ザ・フライについては、劇場公開時話題になったのは、記憶してたんですが、スルーしてしまっていたので、これからチェックしたい所です。2は見てるんですが(笑)

今TWITTER更新停止中なので、LITHさんのタイムラインで、サスペリアリメイクについての新情報を知ったのですのが、、場違いでしょうけど、こちらに、サス~のリメイクの件
について、知っている限りでの情報を書かせて頂きます。


僕が、サス~のリメイクについて知ったのは、かなり前だったんですが、オリジナルに思い入れが有るので、不安でした。

最初に知ったのは、ナタリー・ポートマンが主演との事で、企画進行は、2008年からの様でした。

しかし、ポートマンはほぼ、同時期に「ブラックスワン」の企画も受けており、企画がかぶると言うう事で降りたようです。(自分が聞くところではです。)

 監督についてはデビッド・ゴードン・グレゴリーと言う方で、06年からリメイクを希望してお
り、耽美な映像美を目指していたようです。
と言うわけで、オリジナルが好きな僕については、元のは超えられないだろうが、期待しましたが、キャストも含めて、情報が2転,3転しており、リメイクは完成するのかと諦め気分でした。

そうこうしている内に企画は頓挫のニュースが、http://www.crank-in.net/movie/news/26152もう、終わりかと思いました。

すると、思わぬところから、アルジェントが企画参加の上でのサス~のひねったTVシリーズ化の話が。今年に、持ち上がりました。http://dramanavi.net/news/2015/04/70tv.phpです。


そして本体のリメイクについては、、
 今回、監督チェンジで、再度、リメイク企画発動との事、英文記事読めないんですが、ロケ地だった、ドイツでの状況に焦点を当てる、と言うことは、当時の、左翼過激派のテロ行為が横行している状況を絡めてるいるのだと推測するのですが。この辺の状況は、研究会の矢澤さんの本に載ってました。


正直、個人的には、企画としては、最初の監督、キャストが適切だったような気がするんですが、、、。

オリジナル好きとしては、不安が多いですが、期待値を下げて、見守りたい所です。そして、改めて、オリジナルが好きだと、再確認した所です。AMAZONでは、低評価レビューがボロカス言ってて、悲しいんですが。

なお、詳細については、研究会の方、及び、矢澤さんが、僕よりも、お詳しいと思うので、一度、お尋ねになってはと思います。

蛇足ですが、オリジナルは超の付く傑作でしたが、リメイク大コケの作品として、「悪魔のシスター」ブライアン・デ。パルマ監督があります。オリジナルは、ホラーではないですが「、ドグラ・マグラ」的な一風変わったスリラーなので、お薦めです。監督は、オリジナル・キャリーの人です。リメイクは、やめた方がいいです。(笑)

またもや、長くなりすいません。サス~リメイクが進行との事で、嬉しさのあまり長文を書いてしまいました。

これらの情報が、参考に成れば、幸いです。






 










 


 

URL | fountains #-
2015/09/10 04:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/586-b31ddf43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。