lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

悪魔のサンタクロース 惨殺の斧/Silent Night, Deadly Night  

Silent-Night-Deadly-Night.jpg

公開年:1984
監督:Charles Sellier
脚本:Michael Hickey
音楽:Perry Botkin

なーにが花火大会だ!俺は花火は中継で観ながらビール飲んで、あとはホラー映画を観て涼む!!
ということで、鑑賞に至りました(笑)

監督のCharles Sellierは『ナイトライダー』というアメリカの特撮テレビドラマの制作陣の一人であるようです(名義はもう一つの名前であるChuck Sellier)。これは懐かしき日曜洋画劇場でも放映されたそうです。

今シリーズはなんと初代含め5作品に渡るらしく、何故かと言えば今作品が悪影響をもたらすとのことで大バッシングされたからなんですね。そこで注目され、続編が作られるほど人気がでた、という流れ。も、もしかしてこれが有名な炎上商法・・・!?いや、そこまで意図されてはいないと思います(笑)



さて、ストーリー
1971年クリスマスの日。5歳のビリーは両親とまだ乳児の弟リッキーと、遠地の施設にいる祖父の見舞いに行くため、雪道を車で走っていた。しかし祖父は椅子に座ったまま、身体を動かさず、こちらが話しかけても無反応。主治医が話があるというので両親と弟は部屋を出て行ってしまい、少し怖々としながらビリーは祖父の傍で待つことになった。
すると、突然祖父が目を動かし、ビリーの腕を掴んで話しかけてきた。「サンタクロースを知っているか?一年中いい子だった子にはプレゼントをくれるが、悪い子にはお仕置きが待っている・・・気を付けることだな!」と嘲笑しながら脅しに来るのだった。
その夜、家へ帰る途中に、サンタクロースの格好をした強盗殺人犯と出会い、両親は殺されてしまった。隠れながら現場を見ていたビリーは、それからというもの、深い心の傷を負いサンタクロースやクリスマスに怯えながら、孤児施設で弟と過ごしていたが・・・
みたいな感じですかね。長くなってしまった!(笑)

最初の30分ほどがビリー少年が強盗にあってから施設で幼少を過ごすまでの描写に使われます。長いかな?なんて感じられる方もおられるかと思いますが、個人的にはこれくらい時間を割いてもらった方がその後の流れで主人公に対し思い入れができるので満足な30分でした。

それで、まあビリー少年がビリー青年になってから期待したスラッシャー展開になります。
やはりスラッシャーものといえば、「あ、こいつ殺されるな」と考えて展開にワクワクするのが楽しみの一つですよね。今作品もそれをやってくれます。

そしてスラッシャー映画で注目するのは"凶器"と"殺され方"ですね!
邦題にありますように、「斧」が凶器に使われることが多いのですが、斧以外のものもよく使われます。そしてキラーであるサンタが怪力の持ち主でして、片手で男性の首を持って宙に浮かせることができたり、女性を持ち上げて高いところへ移動できたり、とにかく腕力はチートです(笑)
そこまでゴア表現はないので、頭に斧が刺さってるとかは平気だよ!という人は問題ありません。

スラッシャーといえばストーリーはあっさりしてる作品も少なくないと思うのですが、今作品、サンタが暴れ回るところだけが魅力ではありません。
主人公ビリーの経験を見ていくと、本当に心が痛むんですね(ホラー映画好きだって痛む心はあるもんです)
ここで、やはり最初の30分は良い仕事してくれたなと思います。
スラッシャーだから元気で勢いがあって爽快感あるんじゃないか?という、鑑賞前の先入観を良い形で裏切ってくれました。もちろん、マーダーシーンは面白くて笑えるんですけどね。全体的には悲しくて報われない話です。

続編の2は主人公が弟のリッキーに変わります。それを予感させるような〆方でした。わたしこういうの大変好みです。ワクワクしちゃう!
で、今作品はリメイクが2012年に作られてます。別の物語になっているという噂ですが、八月に鑑賞すると思うのでまたレビューしたいと思います。

ビリーの負ったものの描写の良さに★を増やします。
★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/31 Fri. 21:21 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/581-d2177457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。