lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジェイコブズ・ラダー/Jacob's Ladder  

Jacobsladder.jpg

公開年:1990
監督:Adrian Lyne
脚本:Bruce Joel Rubin
音楽:Maurice Jarre

これは怖い!という話をよく聞いていたこちらの作品、加えて有名ホラーゲーム『サイレント・ヒル』が影響を受けているという話も聞き、鑑賞に至りました。
音楽は『ゴースト』『いまを生きる』『コレクター』『アラビアのロレンス』などのテーマソングも担当したMaurice Jarreです。今作品のテーマソングも重さがあり暗さがあり幻想的で悲哀が漂う、まさに作品にぴったりのものになってます。

ストーリー。
1971年、戦時中のベトナム。いち兵士であるジェイコブ・シンガーの所属する部隊はメコンデルタに在中していたところ、唐突な敵軍の襲撃を受けた。仲間たちが次々と死んでいく中、ジェイコブも腹部を刺され、そこで意識が途絶えた。
1975年。郵便配達員として働くジェイコブは、ある日の帰宅途中、地下鉄でいつの間にか寝てしまっていたようだった。走り続ける列車のなか、隣の車両に座っていた婦人に、駅は過ぎたかと尋ねてもこちらを凝視するだけ。その日から不可解な現象を体験するようになる・・・
といった感じですかね。

先ずは冒頭でもお話した「サイレント・ヒル」と関わりがありそうな点について。
サイレント・ヒルといえば、汚くて暗くて気持ち悪い世界観ですね。何か分からない肉の塊のようなものが襲って来たり、顔がないナースが襲って来たり。今作品『ジェイコブズ・ラダー』にもそういう世界が描かれます。こちら公式トレイラー。



いや、サイレント・ヒルっぽいですね!笑
ですが、そういった要素はごく一部です。奇妙な現象としての描写はあるんですが、まんまサイレント・ヒルの世界にどっぷり、というわけではないので過度な期待してる人は要注意です。

これ割とキリスト教の予備知識が必要な作品でして、タイトルの『ジェイコブズ・ラダー』とは旧約聖書にある「ヤコブの梯子」から来ています。「ヤコブの梯子」とは、ヤコブが見た夢の中で天使が天地の上り下りに使う梯子のことを指すようです。
ということで、実はこの映画もそれがテーマになっています。

人によって評価が大きく変わる映画のようで、「ワケわかんないから嫌い」という人もいれば、「考えさせられる」と深い考察をしていく人もいる作品です。私はどちらかというと後者なので、少し自分なりの解釈を書いてみますね。

作品の中で、「ラダー」というものが何を指すか。旧約聖書の「ヤコブの梯子」と関係があるとは知らない人は、最後の字幕で「これは戦争に反対するプロパガンダ作品だ」と思われる方もいると思いますが、個人的にはそうは思えません。この作品のテーマは「魂と生死」です。端的に言えば。

途中までは「これは戦争によるPTSDもしくは統合失調症かなあ」なんて思っていたのですが、終盤に「そういうことか!」と合点がいく映画です。異世界に入ったのではなく、異世界にいたのだというどんでん返しは驚きました。
それがわかると、あの人やあのシーンはそういう意味だったのか・・・と後からじわっと深まる作品です。こうやって鑑賞後にじっくり考えさせる作品は印象も強くなりますし、作り方うまいなあと思いますね!

あ、ちなみに主人公のジェイコブを演じるのはティム・ロビンスです。ジェイコブの笑い方が個人的にとても魅力的でして、この作品を通してファンになってしまいました。最近だと『グリーン・ランタン』に出ているみたいです。
囚われているジェイコブという主人公をとても上手に演じてくれています。

ホラー映画というカテゴリではありますが、ただただ怖がらせるのではなく、テーマを描くと恐怖が付随してきたという感じがしました。恐怖というよりかは地獄という閉鎖された空間をイメージしているような感じですね。
物悲しさの強い映画ですが、うまいことハッピーエンドに持って行ってくれます。こういう静かにハッピーエンドになってくれるのは私にもありがたい・・・。
死というものに向き合えるかどうか。ジェイコブが死と向き合うまでの過程を描いた作品です。鑑賞後に、誰がどんな存在だったのかが分かりますよ!主治医や軍隊のメンバーなどなど。彷徨う人たちなど。わかると不可解な全てが繋がります。

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/21 Tue. 16:07 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/575-3ed027c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。