lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The Scarecrow/Avantasia  

The_Scarecrow.jpg

ジャンル
プログレッシヴ・シンフォニックパワーメタル

リリース
25 January 2008

収録曲
1. Twisted Mind★
2. The Scarecrow★←KILLER TUNE!!
3. Shelter From The Rain★←KILLER TUNE!!
4. Carry Me Over
5. What Kind Of Love
6. Another Angel Down★←KILLER TUNE!!
7. The Toy Master★
8. Devil In The Belfry★
9. Cry Just A Little
10. I Don't Believe In Your Love
11. Lost In Space

ドイツで組まれたスーパーグループ、Avantasiaの3rdアルバムです!
メインボーカルはTobias Sammetですが、メタル界からゲストボーカルが参加してきていて、パワーメタルという一つのジャンル、The Scarecrowという一つのアルバムでもそれぞれの曲の特徴を楽しめるアルバムだと感じます。
久々のメタル音楽レビューで何をどう書いていたか忘れてるんですが(笑)、今回も例のごとく適当に誤字だらけで書いていきまっす。

どうやらこのアルバムは、おおまかに言えば「孤独な存在の悲劇」をテーマに描いているようです。
ロック・オペラというカテゴリに入るようなアルバムですから、ドラマチックな展開を感じさせます!

"Twisted Mind"はKamelotのex.ボーカルであるロイ・カーンがボーカルを務めています。Kamelotっぽいな~と思って調べたらやっぱり(笑)といった感じ。普通にカッコいいです。出だしから特徴のある曲だなあと思わせますね。
パワーメタルでも爽やかすぎず個性も出しつつ流れていくのと、ロイの歌唱力が合わさって、パワーメタルをあまり聴かない私でも抵抗感無く一曲聴けてしまいます。ちょっとアラビアンな感じ~(個人的偏狭な経験による表現)

"The Scarecrow"は「マイクを持った渡り鳥」と呼ばれている(らしい)ヨルン・ランデがボーカルを務めます。まさに"旅"を感じさせる曲調です。途中の静かな間奏がまた良い雰囲気ですね。静かで哀愁が漂っている!そして少しのファンタジー要素。良いですね~!
ヨルン・ランデの声色の幅の広さに驚かされます。最初はとても優しいんですが、だんだんと荒荒しくなっていく感じ。結構強い。前半は哀愁のある儚いような美しさが強いのですが、後半は強さを増してます。名曲です!

"Shelter From The Rain"はパワーメタル感めっちゃ出てます(笑)キスクがボーカルの一人ということです。
疾走感もあり。すっごい明るさを感じる・・・ブラックメタラーには眩しすぎる・・・でも良い曲ですよ・・・哀愁があって。悔しいですね!ギターソロがカッコ良くて痺れます。なんだこれ!
"Carry Me Over"は歌詞が切なくて良いんですが、ちょっとサビのメロディが単調なので個人的にはそんなに好きじゃないかなあ。

"What Kind Of Love"はEpicaのボーカルAmanda Somervilleが参加しています。声に深さがあって落ち着きが出ています。ファンタジー要素が強くなってます。個人的にはなんかライオンキング思い出しました(笑)

"Another Angel Down"はマジでパワーメタルですね。またもやランデがボーカルに入ってきます。ということで私にとっても明るさへの苦痛が和らぐありがたさがあります(笑)ランデの良さが好きならパワーメタル苦手でも聴けてしまう不思議!
"The Toy Master"はアリス・クーパーがボーカルに!!曲調も怪しい感じが要素としてあるので私の好みです!先程までの疾走感も抜け、どっしりと構えている感じがありますね。高音ボーカルも無く、ううううむ私の好み。スネアドラムの音が特に好みです。途中からパワーメタルな曲調に変わっていきます。バックにコーラス入ってますし。前半だけだったら繰り返し聴いてたかな~クーパーの声があるから聴けますが。

"Devil In The Belfry"またもやランデです!荒削りな声が素敵~!
しかし曲調はやっぱりパワーメタルです(笑)ここまで来るとネクラの私はキツくなってきますが、カッコいい事には変わらないので不快感がない・・・なんなんだこのアルバムは・・・。そしてまたもやギターソロがかっこよすぎますね。
"Cry Just A Little"はまたもや綺麗で静かな哀愁ソング。バックコーラスも当然ついています。私には綺麗すぎる・・・ちょっと苦手ですね。
"I Don't Believe In Your Love"はOliver Hartmannという違うボーカルが参加します。ランデとは違った意味で良い味のある声してます!しかし爽やかすぎるのでやっぱり苦手ですね・・・ボーカルがとっても良いのは分かります・・・!ボーカルは好み・・・!
"Lost In Space"はAmanda Somervilleが帰ってきますが、ちょっと出てくるだけ。サビのメロディが好みです!

ということで、パワーメタルはあまり得意じゃない私ですが、割と楽しめたアルバムでした。
ランデの声に大満足です!こういう風な形で様々なバンドのボーカルに触れられるのはありがたいですね~
ちょっとパワーメタル要素が私には強すぎたので★3つとします。

★★★☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/20 Mon. 16:18 [edit]

category: 音楽:メタル:A

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/574-9ab89dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。