lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド / The Mummy Returns  

mummy2.jpg

公開年:2001
監督・脚本:Stephen Sommers
音楽:Alan Silvestri

さて、『ハムナプトラ』シリーズの第二弾!
前作の敵イムホテップも出てきちゃう今作品。ヒロイン・イヴリンと主人公のリックは結婚をしていて、なんと一人息子のアレックスが新キャラとして登場します!これはテンションあがる新キャラですね~

さてストーリー。
遡ること5000年。テーベでは、スコーピオンキングという優秀な戦士が世界征服を目的に戦をしていた。七年に及ぶ戦いの末大敗し、スコーピオンキング率いる軍はアーム・シェアの砂漠に追放される。灼熱の砂漠を歩き続ける中、1人また1人と戦士は行き倒れ、とうとうスコーピオンキングだけが生き残った。スコーピオンキングは一人、神アヌビスに誓いを立てた。「我が軍を勝利に導いてくれるなら、わが魂でお前に永遠に仕えよう!」その願いを聞き届けたアヌビスはスコーピオンキングの周りに広いオアシスを作り、アヌビスの軍をスコーピオンキングに与え、見事に敵を打ち負かした。その後スコーピオンキングは誓い通りにアヌビスの下僕となったのだった。
1933年、世界の支配を目的にアナクスナムンの生まれ変わりという女とイムホテップを崇める人間が動いていた。スコーピオンキングを甦らせ、倒すことでアヌビスの軍を得るために、イムホテップが甦らせられる。が、肝心の鍵となる「アヌビスの腕輪」を発掘し持ち帰っていたイヴリン・リック夫妻が狙われる。好奇心で腕輪をはめてしまったアレックスは連れ去られてしまい・・・

といった感じ。今回も長いな!(笑)

ええとですね、何故か私は『ハムナプトラ』=スコーピオンキングだ!という幼少の記憶があったので、実は前作で、「私が思っていたスコーピオンキングはイムホテップさんやったんや・・・!」というショックと、「じゃあスコーピオンキングって誰やねん。もしかしてめっちゃカッコいいんちゃうん!?」という期待を持っていたわけです。
ということで鑑賞に至ったわけですが・・・。

先ず、ですね、スコーピオンキングはラスト15分くらいでやっとでてきます。なんっでやねん!!
今作品の主人公はイムホテップといっても過言ではないくらいで、スコーピオンキングはモンスターとしてちょい出るくらいです。
で、私が期待したのは前述の通り「めっちゃカッコいい悪役スコーピオンキング」なわけですが、マジで・・・もう・・・ほんと・・・デザインがダサすぎる・・・サソリの頭が人間の上半身っていうデザインなんですね。文字だけですとバイオハザードあたりに出てきそうなイメージで「こわ!強そう!」って思われるかもしれないんですけど、もうね、ケンタウロスみたいなカッコよさ皆無なんですよ。え?ダサ!なにこいつ!っていう。

作中ではもちろん名前の通り、シンボルがサソリです。
で、私のイメージでは「サソリがシンボルなくらいだし、名前からも超強くてガチムチな屈強戦士がイムホテップとちゃんばらして熱い展開に・・・」という感じのワクワク展開だったんですが、そんなのは儚い夢でした・・・。
先ず、スコーピオンキングは手もサソリなんですよ。ここがアウト。デザインのダサさはここから来てると思いますね。で、攻撃はその大きなはさみの手でカチカチやるだけ。ええええこれ屈強な戦士感ないよ・・・ただのモンスターやんけ・・・
で、まあスコーピオンキングはCGで登場するのですが、顔もまんまCGで威圧感ないんですよ。デカいだけ。他の雑魚軍団の方がよっぽど怖さあります。残念だなあ・・・

前作はギャグ要素の沢山つまったワクワク・アドベンチャー作品でしたが、今回は結構コメディ要素が抜けています。
割と中途半端な真面目感があり、感動させたろかなというシーンが丸見えでちょっと抵抗がありました。前作の方がうまかったかなあ。

前作の重要アイテムである「死者の書」が今回も出てきて、更には「アヌビスの腕輪」などの新しいアイテムが出てくるわけですが、新しい設定やアイテムなどが十分に生きていない感じがあります。スコーピオンキングというキャラもそうですし。前作の良いところが削られてしまってるので、残念でした。

しかしながらイムホテップについては可哀想なキャラでした。彼が人気あるのも頷けます!
一途な男性は素敵だなあ~

スコーピオンキングのカッコよさはスピンオフ作品の『スコーピオンキング』シリーズに期待したいと思います(笑)

★★☆☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/17 Fri. 17:21 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/572-176e10b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。