lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドールズ/Dolls  

dolls.jpg

公開年:1987
監督:Stuart Gordon
脚本:Ed Naha
音楽:Fuzzbee Morse, Victor Spiegel

さて、久々のドールホラーですね!

ストーリー。
まだ幼いジュディの乗る車は、突然の酷い嵐で動けなくなってしまった。仕方なく近くに見えている大きな家に天気が落ち着くまで置いてもらおうという事に。両親はジュディに厳しく、継母にはそげなくされるジュディ―は妄想癖を持ち、幻覚をみたり妄想の世界から度々帰って来れなくなったりしている少女。しかし招き入れてくれた老婦人は優しくジュディに話しかけ、先ほど外で継母が邪魔だからと投げた親友のぬいぐるみテディを投げ捨てられた代わりに、と、新しい人形をくれた。人形と玩具だらけの家は、主人がおもちゃ作りをしているからだという。そんな話をしている中、外の嵐から逃れてきた人が泊めて欲しいとまた訪ねてきたのを老夫婦は快く迎えた。それぞれが過ごす部屋。しかし夜、人形たちが笑い始める・・・
だいたいこんな感じですかね。

一言でいうと、とーってもキュートな作品でした!
しかしそこはやはりホラー映画。ちょっとしたゴア表現ありますよ。人形も壊されてよく分からない中身が出てきたりするので苦手な方は要注意です。
でもね、人形は膝にも届かないくらいの小さなのばっかりなんです。それがキュイーとか言いながら蟻のように足元に群がったりしている。共同作業で一生懸命に敵に向かう姿はなんて可愛らしい。ミーティングとかもしちゃいますからね(笑)そんな途中でコメディのような要素も入ったり。そして人形は猟奇的に誰彼かまわず襲うのではなく、人形を大事にしない人をターゲットにするからしっかりしてるんですよね(笑)

ホラー要素としては、部屋に入ると何体も飾られている人形全員がこちらを見ていたり、床に乱暴に落とされた人形が隠れてぎょろっと目を剥いたり。まさに幼い頃に妄想した恐怖がそこにあるので、更に恐ろしいんですよね。これ、小さい子が観たら確実にトラウマものですよ(笑)

この映画の魅力はやはりポップなところ!嫌な奴らが被害を受けるタイプで、どんどん人形から被害を食らうのですが、笑いながら観れます。あっはっはーまあやられるわなー(笑)っていう感じに。
で、個人的に一番好きなのは人形が殺人するシーンのコマ撮り手法ですね!あの独特な動きがたまらないのですよ~。まさに、本来動かないものが動いている怖さも出ていました。
コマ撮りといえば、『ロボコップ』に出てくるでっかいポンコツ殺人兵器ED209コマ撮りだったりするんですよね。私のコマ撮りへの憧れは『ロボコップ』から始まっていそうです(笑)

とっても素敵な映画でした!

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/17 Fri. 01:40 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/570-750cd0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。