lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バニーマン/鮮血のチェーンソー /Bannyman  

bannyman.jpg

公開年:2011
監督・脚本:Carl Lindberg
音楽:Peter Scartabello

ちょっとスラッシャーでも観ようかと思い、どうせなら笑いも欲しいなと鑑賞に至りました。

ストーリー。
ドライブを楽しむ若者たち。途中で前を走る邪魔なトラックを追い越したりしていたら恨みを買ったらしく、後ろからぶつけられたり追われたり。なんとか逃げ延びるも車が壊れてしまい修理を試みようと一人が車の下へ。そこにトラックが後ろから激突してきて、その一人が死んでしまう。ここから、バニーマンと若者たちの恐ろしい追いかけっこが始まる・・・といった感じ。

ええとですね、先ず、ストーリーについてなんですが、『激突!』という映画と『悪魔のいけにえ』という映画の要素が持って来られてます。でもどっちも中途半端なの。それが分かってしまえばもう、「ちょっとパロしたB級映画」として構えて観れますね。

時間の経過の描写が下手なので困る映画です。夜に「20分後に来るから小屋に向かって」と言われたのに、夜が明けてみんなでワイワイしたあとに「小屋いくかあ」っていう流れになったりね。おいおいお前ら・・・20分は既に経ってるだろ・・・
あとは無駄な無音が多い。なんの効果も齎しません。せいぜい視聴者が「あれ?このヘッドホン壊れたか?」と思うくらいです。

で、スラッシャー具合についてですが、そこまでゴアではないのかなあ、と。でも下半身取れたり口にナイフ入れられたりするのでちょっと注意です。
チェーンソーでやられるときに基本的にみんな棒立ちでやられてしまうのが残念です。割とチェーンソーで切られてる時の描写は間接的です。ちなみに冒頭で殺人してるおっさんの正体は最後まで分からないので気にしなくて良いと思います。
ゴア表現として、若者がバニーマンに歯を抜かれるってのがあるんですけど、スッと取れるので、抜歯の経験がある方は「なんじゃそりゃ」で終われます(笑)歯を掴むシーンも無いしね。いろんな道具があるんですけど、結局チェーンソーですから、このシーンは特に気にしなくて良いです。

バニーマンについてですが、こいつはもうマヌケです。ただのマヌケ。
中の人が途中で出てきますが、レザーフェイスの反抗期版くらいに思っておけば後は特に設定を語られることはないのでオッケーです。家族みたいな人たちも出てきますが、お姉ちゃんなのかなんなのかも分からないし、ペットについてもよく分かりません。
ここまで書くと「え?なんか詰まらなそう」って声が聞こえてくるんですが、まあ、はい、一般的には詰まらない映画なんだと思います。

しかしここはB級ホラー映画を愛する身!これは詰まらなくなかったのです。ホラーコメディです。
バニーマンのマヌケ具合は特に良い。先ず、一回若者にチェーンソーを奪われてバニーマンが丸腰になってしまうのですが、「おらあ出て行けよお!」と怒鳴られるとおどおどして仕方なく一回その場から逃げるんですね。もうめっちゃ可愛いでしょ。着ぐるみ着てるから動くの大変そうだしね。

もう一個可愛いポイントは、移動手段であるトラックを奪われたときに、どうしようもないから夕日をバックに徒歩帰宅するシーン。もうね、私は若者たちよりこのバニーマンに同情しますよ。なんで殺人するのかは分からないけど。お姉ちゃん(?)に指示されてたんだろうか?

愛すべき点としてはもう一つ、バニーマンと若者が直接出会って格闘するシーンがいくつかあるのですが、そこが本当リアルなんですね。ほんと、着ぐるみと若者がもみ合ってるそのまま現実がそこにあります。

カメラワークもビミョーだし、音楽は真面目でも登場人物は悠長だし、時間の流れは分かり辛いし、演技もよろしくはない。
でも愛すべきところの沢山ある笑えるホラーでしたよ。B級ホラーにコメディ要素を見つけるのが好きな方にはお薦めです!
ということで、笑いの★いっこ増やします。

ちなみに続編あるらしいですよ。今年あたりに3作目だったかな。
★★★★☆


2は結構真面目にスラッシャーしてるっぽいですね(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/10 Fri. 02:56 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。初めまして。

こんな映画があったんですね・・・(笑)。

自分のことではないと言っても、気になります。
ホラーとコメディの合体は好きなので、真夏の暑い日にでも観ましょうか。
脳ミソが溶けるような日がピッタリですね、この手の作品は。

URL | バニーマン #-
2015/07/10 21:08 | edit

初めまして。
こんな映画が隠れておりましたよ(笑)
真夏の暑い日に観ても背筋が凍ることは全くない作品ですが、脳みそが溶けた日に頭を使わずダラダラ観て笑うには良い作品です(笑)

URL | Lith #NV94X6/g
2015/07/12 03:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/564-5e7cc906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。