lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ひとりかくれんぼ  

kakure.jpg

公開年:2008
監督:海沼智也

ハズれるだろうな。しかも笑えない外れ方するよ。と思って長らく観ていなかった作品。
そして・・・ありがとうございます!!見事に外れてくれました!!ブラボー!ヴンダバール!言うことなしです!(悪い意味で)

ストーリー。
携帯小説にハマる世代の女子高生。『孤独少女』という携帯小説も一部の女子高生に人気があった。
内容の暗い『孤独少女』だが、9話で配信が止まってしまう。最後の配信では「わたしは孤独から抜け出すために「ひとりかくれんぼ」をやる」と書いてあり、興味を持った女子高生が実行してみることにするが・・・

ええとすね。先ず、「ひとりかくれんぼ」っていうオカルトな一人遊びがあることは、ここを読んでいる皆様はご存知かと思いますが、一応簡単に説明しますと、所定の儀式を済ませた人形を媒介に幽霊を呼び寄せて隠れて、終わらせるときは口に塩水を含んで人形に吹きかけて「私の勝ち」とすれば良いって流れです。つまり降霊術ってやつですね。

この作品は三部分けになっています。
一部は主人公の女子高生ともう一人女子高生が『孤独少女』という小説から「ひとりかくれんぼ」の存在を知り、実行したうえで、何故か自殺してしまう。
二部は、「ひとりかくれんぼ」を映像を撮って検証しようという高校生たちの話。3人組のうち二人は別室モニターでひとりかくれんぼの様子を見ているわけですが、かくれんぼをしている一人から届いたふざけた写メの後ろに女の幽霊が映っている。そこから何かがあったらしく、殺されます。行方不明扱いみたいですが。
三部は、『孤独少女』を書いていた女の子の話です。何故かドッペルゲンガーに殺されます。

各々の話はネットの掲示板か何かの書き込みや『孤独少女』で関連がありますが、割とひとりかくれんぼって何がそんな怖いのだ?っていう描写がなくててですね、ここらへんは実際のひとりかくれんぼ実況掲示板の方が面白く感じます。
あと二部の人たちはかくれんぼ中に話しすぎですね(笑)あれはこっそり隠れていなければ見つかるので塩水含んで逃げなきゃいけないという設定だったと思いますが・・・

全体的に甘い作りです。怖さもない。
・孤独少女はネットの集まりに居場所を見つけて安心していたのか
 →ひとりかくれんぼを実行して孤独を埋める
・なぜみんな死に方がバラバラなのか
 →一部は自殺、二部は血まみれ、三部はドッペルゲンガーにより絞殺

ここまで突っ込みどころも面白みもない作品はなかなか無いかと。
もうちょいヴィジュアル的に怖さのある幽霊出してきてほしかったですね。ネットでの心霊体験の方がまだ怖い。

★☆☆☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/10 Fri. 01:32 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/563-492c124d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。