lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゴーンガール/Gone Girl  

gonegirl.jpg

公開年:2014
監督:David Fincher
脚本:Gillian Flynn
音楽:Trent Reznor, Atticus Ross

ちょっと前にとても話題になったデビット・フィンチャー監督の作品です。
フィンチャーと言えば『ドラゴンタトゥーの女』『ゲーム』『ファイトクラブ』などなど話題作が多く、当然ながらファンもとても多いのでご存知の方は多いでしょう。このブログで言えば『ゲーム』をレビューさせていただきましたが、『パニックルーム』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』などが私の好みです。

ストーリー。
主人公ニックは結婚5年目の記念日を迎えた。毎年贈り物をし合う妻エイミーから今年もプレゼントが贈られる。しかし当日になり、彼女は失踪してしまう。自宅は争った形跡が見られ、ニックは事の重大さにパニックになる。彼女の母は彼女を題材にした『完璧なエイミー』で人気作家となっていて、当然エイミーも有名な人物になった。それゆえに世間は失踪事件に大騒ぎに。彼女はどこへ行ってしまったのか・・・?
まあ、こんな感じですかね。

一言で言えば「壮大な夫婦喧嘩」です(笑)
フィンチャー作品といえば「良い意味での裏切り」を感じる作品が見られるんですが、今回もそんな感じですかね。
Twitterやレビューブログなんかでも今作品について様々な考察や感想がありますが、個人的にはニックとエイミーのいざこざよりも周囲の人間の「汚さ」が強く感じられました。題材を大きく見るとしたら「人間」ですね。

「この女・・・怖い!」っていう感想がちらほらありますが、個人的にはエイミーの怖さとかはあまり印象が無いんですよね。こんなタイプはホラー・スリラー映画沢山いるので。
被害者的な立場にいるニック側の意見である「怖い」っていう感想は抱きにくく、私はどちらかといえばエイミー側の意見である「許さない」がしっくりきます。

世間でいう「ヤンデレ」と「ダメ男」の夫婦が巻き起こすどたばた夫婦喧嘩に巻き込まれていく周囲・・・そんな感じです。
結局仲良しかい!っていう笑える展開ですね。なんだかあまりスリラー要素は感じませんでした。賢い女性って素敵だね!
やっぱり「人間の汚さ」の方が目立つ作品でした。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/02 Tue. 07:32 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/554-71e9303c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。