lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キラーカーズ/パリを食べた車 /The Cars That Ate Paris  

killercars.jpg

公開年:1974
監督:Peter Weir
脚本:Peter Weir
音楽:Bruce Smeaton

来た!!見てくださいこのロマン溢れるパッケージ!!トゲトゲの車!!副題!パリを"食べた"車!!これは絶対面白い!!トゲトゲの車が暴れ回るやつだ!!と思って鑑賞に至りました。
まず結論から言っておきますね。トゲトゲの車は暴れ回りません。あと大都会パリの話ではありません。

ストーリー。
オーストラリアの田舎道、事故が多発する道があった。とある兄弟が車でその道を通ったときに事故が起きてしまう。車はぐしゃぐしゃ、兄は死に、弟は重症。近くにある、パリという小さな町で手当を受け、なんとか回復したものの、「君は精神的なショックを受けているから危険だ」と言われ、しばらく滞在することに。しかしなんだか様子がおかしい・・・?
まあ大体こんな感じ。

実はこの作品、ホラーコメディ枠のようなんですね。そんなこと知らずに鑑賞したわけですが、まあ確かにコメディのようなポップさはある。しかし特に"笑える!ぎゃはは!"って感じもありません。しかし冒頭のドリフよろしくな感じで車がバラバラになっていくのはかなり笑えました。なんだあれ!

BGMがとても穏やかです。もうまさに田舎の良き空気・・・みたいな感じなんですが、やってることは割と狂気じみています。これはよくある手法、映像と音楽の差異による強調表現というよりかは、「この狂気は町にとっては"日常"なんだ」ということを表してると感じます。

どうやら監督は当時の「車社会」への批判を込めて映画を作ったらしいです。皮肉的な意味を察して今作品を観ると、確かに"車に価値を置く社会"を意識している感じはあります。
これは作品が作られた当時の社会を考慮して鑑賞した方が味の増す作品であるようですね。

個人的には、最後に町長がポツンと立つシーンがお気に入りです(笑)全然車関係ないね(笑)

★★★☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/01 Fri. 00:14 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/548-f247f03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。