lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハードキャンディ/Hard Candy  


ハードキャンディ デラックス版 [DVD]ハードキャンディ デラックス版 [DVD]
(2007/02/23)
パトリック・ウィルソン、エレン・ペイジ 他

商品詳細を見る


公開年:2005
監督:David Slade
脚本:Brian Nelson
音楽:Molly Nyman, Harry Escott

vigirante filmというジャンルの映画です。vigiranteというのは「自警団員」という意味の英単語でして、つまり、公的な組織などには所属せず、自分の信念を軸に制裁を加える人間(もしくは組織など)を映画というのが、vigirante filmということです。多くは独裁者などを崩していくストーリーなどを描く映画がどうやら多いようです。

さて、今作品、一言で言えば、「爽快感120%」です。
ストーリーは、出会い系で少女をたぶらかし悪さをする男が、いつものようにネットで少女とやり取りをし、うまく会う約束を取り付ける。そして家へ誘い入れることにも成功、しかし飲んだお酒に酷くめまいがし、目覚めると少女が恐ろしいことを言い出す・・・といった感じです。

まず、ですね、スリラーで恐ろしい展開はあるのですが、ゴア表現も無く、大量の血も出てきません。ということで、そういった表現が嫌いな方でも割と観れると思います。

個人的に、「精神的拷問」をよく描けている映画だと感じます。レビューなどを観ていると、メインキャラの二人のそれまでの経緯などが描かれていなくて感情移入できないだとか分かりにくいだとかいう感想を持つ方もいらっしゃるようですが、個人的にはそういったものが描かれないことは大正解だと思います。なぜなら、メインは二人のやりとりであるから、そこに焦点を置かれるべきなのです。

もう一つ、主人公の少女がサイコ枠なのかどうかという点ですが、これはサイコではないと思います。あくまで、vigiranteであり、psychoではないのです。思想が強くて行動的なだけ。
もう一つ、最後の男性の選択ですが、あれは無理やりな展開ではなく、そこまで追い詰められていたということで良いと思います。

個人的に大好きな映画に出会えました。素晴らしい。
ちなみに、今作品は少し前の日本で流行った「オヤジ狩り」にインスパイアされて作られたらしいですよ(笑)
パッケージの赤ずきんは、狼が狙っていた赤ずきんに逆に喰われるという今作品の象徴でしょうかね。

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/05 Sun. 00:18 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/539-d57843f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。