lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アナコンダ/Anaconda  


アナコンダ<Hi-Bit Edition> [DVD]アナコンダ [DVD]
(2003/12/17)
ジェニファー・ロペス、アイス・キューブ 他

商品詳細を見る


制作年:1997
監督:Luis Llosa
脚本:Hans Bauer, Jim Cash, Jack Epps Jr.
音楽:Randy Edelman

十数年前、夜の映画番組でしつこいくらいに放送されていた作品たちのひとつ、アナコンダです!懐かしい~
今回、改めて観て記憶と照らし合わせてみましたら、魅力がいっぱい。早速感想を書きます。

ジャンルはアドベンチャーホラー。ストーリーとしては、まあ簡単に言えばアマゾンの奥地にいるとされる部族の取材をするため、監督・カメラマン、照明・音声などなどのメンバーと土地感のある現地住民とが船でジャングルを進んでいく・・・という感じです。
「どうせ大きい蛇に襲われてパニックになって退治する感じなんでしょ」みたいな先入観を持っている未鑑賞のアナタ!たしかにそうなんですけど(笑)、そのゴタゴタの中に描かれるものが沢山あるのです。

先ず、前述したメンバーの他に、途中で加わるメンバーがいて、その人がまた怪しくって良い。役を演じたジョン・ヴォイトもちょっとアンソニー・ホプキンスに雰囲気がなんとなく似ていて、そこもなんだ個人的に良い。この人の経歴が彼の行動とイメージが反対にあるのでまたキャラが立つんですね。このキャラの最後のシーンもホラーファンなら大好きなハズです。

で、こういったゾンビ・モンスターパニック系の映画といえば、人間関係の模様の描かれ方。私がお気に入りなのは、相性の悪かったカメラマンとレポーターがなんだかんだあって、仲良く話すシーンです。恐怖を前に本性が現われるというホラー映画の良さと、この人間関係の移り変わりや結びつきや、その反対に離別も、面白みのひとつなのです。

もちろんそれだけじゃなく、しっかりと大蛇・アナコンダの怖さも描かれています。水中を自由に泳ぐことができるアナコンダや、やはりその大きさを小屋の中という制限された空間で表現するところ、そして一番の名シーンは滝のところでしょう。人間を丸のみしたあとの様子もやはり怖さが強調されていて印象的な演出になっています。
個人的には、なんとなく、蛇関係なくちょっと痛い目にあってほぼ作中で寝たきり状態だった生意気な学者に、もうちょっとなんかあっても良かったかな、なんて思いますが、良いとこ取りをして終わります(笑)

続編が00年代に作られています。だいぶ映像技術も発展したでしょうから、アナコンダの恐怖が更によく演出されていることを願うばかりです(鑑賞したか記憶が曖昧)

ちなみに、主演女優は有名な歌手でもあるジェニファー・ロペスです。
そして注目したいのは音楽担当のランディ・エデルマン。この人は様々な映画音楽に携わっていて、例えば『ゴースト・バスターズ2』、『ラスト・オブ・モヒカン』、『マスク』などでも音楽を担当しています。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/06 Fri. 17:01 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/525-2d0b6229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。