lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ポルターガイスト/Poltergeist  


ポルターガイスト [Blu-ray]ポルターガイスト [Blu-ray]
(2010/04/21)
クレイグ・T・ネルソン、ジョベス・ウィリアムズ 他

商品詳細を見る


公開年:1982
監督:Tobe Hooper
脚本:Steven Spielberg, Michael Grais, Mark Victor
音楽:Jerry Goldsmith

誰もが認める名作ポルターガイスト!スピルバーグがプロデュース、トビーフーパーが監督ということで、これは面白い。
(当時のスピルバーグはE.T.の制作で忙しく、監督をフーパーに任せたようです。)

ポルターガイスト現象といえば、ドアが勝手に開くだとか、椅子が動くだとか、電気がちかちかするだとかいう現象をイメージしますよね。最近の映画でいえば、「パラノーマル・アクティビティ」のような感じですね。しかしながらそこはスピルバーグとフーパーのタッグではそんな地味な感じでは収まらないようで、結構派手な現象が起きます(笑)

当時の映画界では、特に日本においてはかなり衝撃的な作品だったのではないでしょうか。この映画で「ポルターガイスト現象」という言葉が多くの日本人の頭に残っただろうと思います。
現代において数多くのホラー作品が存在し、ポルターガイスト現象を取り扱った作品も多多存在するなか、この映画の良いところと言えば、きちんとストーリーがあるというところ。ポルターガイスト現象の起きた原因もしっかり存在し、鑑賞側も「そりゃそうなるわ」と納得できます。

現象自体も前述した通り派手なので飽きません。光の表現や未知の世界の描き方なども良し。特に後者は、向こうの世界が映像にされていないにも関わらず、鑑賞側の想像力を掻き立て、作品に集中させます。現象をとかく強調して怖がらせるというよりかは、それにどうにか立ち向かう感じ、そして後半にかけて、現象の原因となるものがどんどんと出てくる感じ、そして一部ゴア表現がありますから、どんどん作品の魅力があふれ出てきます。

ファミリー向け作品の面も見せながら、しっかりホラーファンの心もとらえる優秀な作品ですね。
ちなみに、先ほど言及した「現象の原因となるもの」は本物が使われているらしいですよ(笑)なんでも、プラスチックより本物を買うほうが安いとか(笑)これもホラーフリークスの食いつくところですね。

次女役のHeather O'Rourkeが当シリーズ三作目のあとに急死していることや、長女役のDominique Dunneが刺殺されていることなど、「ポルターガイストの呪い」だと騒がれることが多いこの作品ですが、呪いを感じさせるほど恐ろしいホラーというわけではありませんので割とホラー苦手な人も観られる作品かと思います。

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/22 Sat. 22:35 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/443-909fbed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。