lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ペット・セメタリー/PET SEMATARY  


ペット・セメタリー [DVD]ペット・セメタリー [DVD]
(2007/08/24)
ディル・ミッドキフ、フレッド・グウィン 他

商品詳細を見る


公開年:1989
監督:Mary Lambert
脚本:Stephen King
音楽:Elliot Goldenthal

女性ホラー映画監督Mary Lambertが監督しキングが原作というこちらの作品、かなり有名ですね!
改めてしっかり鑑賞したので備忘録にレビューしておきます。
内容としては、ペットのお話ではなく、タイトルのまま動物霊園が出てきます。田舎に引っ越した家族が、小道へ続く動物霊園の、その先の奇妙な場所に関係してしまい・・・というストーリー。
家族構成は両親、長女、長男。長女は小学生くらいになるでしょうか?弟は3歳程度で、たどたどしく喋ります。
とある日に弟がトラック事故で亡くなり、錯乱状態になった父親が例の場所にその子を埋めに行き、復活させようとします。でも復活したそれは、もとのままではなく、凶暴になっている。さて、どうなるか!
まあ、こう書いてしまえばそれだけなんですけどね、あまりにも展開が悲しすぎて、救いようが無くて、しかしそれがまた良いんですね。
我が子が亡くなった悲しみ、そしてその後の行動、そして我が子に手をかける悲しみ、そしてその後の行動。子どもや大好きな弟妹を持つ人間には痛いほどわかる展開なのではないでしょうか。現にLith様号泣でした(笑)
幽霊もちらほら出てくるのですが、父親の行動を止めようと出てくる良い霊が登場します。その子がね、本当に良い子で、ちょっとユーモアがあるから映画全体が重すぎなくなってるんですね。でもその姿は、トラック事故で亡くなっているので結構ホラーです。シックス・センスで、「親父の銃」で亡くなった子を思い出しました。あれは当時めちゃくちゃ怖かったです。
で、ガチホラーな幽霊も出てきます。こちらは悪魔に憑かれたような姿なので、ホラーフリークスには大いに受けるのではないでしょうか。
そんな感じで、様々なキャラが良い味を出して、映画を盛り上げてくれます。
ラストシーンも良い感じ。あそこで暗転するのはとても良いですね。映画は全て見せたら良いってもんじゃない。全てを映したら魅力がなくなるものも沢山あると思います。
80年代後半~90年代前半の、良い雰囲気の映画です。ホラーフリークスは鑑賞必須。

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/18 Tue. 13:25 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/437-628f089f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。