lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The Pack 餌になる女/La meute  


ザ・パック 餌になる女 [DVD]ザ・パック 餌になる女 [DVD]
(2013/09/27)
ヨランド・モロー、エミリー・ドゥケンヌ 他

商品詳細を見る


公開年:2010
監督:Franck Richard
脚本:Franck Richard
音楽:Chris Spencer, Ari Benjamin Meyers, Chris Spencer

「屋敷女」の制作陣ということで、ワクワクしながら鑑賞。
「餌になる女」・・・なんて、素晴らしいワードだと思いませんか?きっとホラーフリークスなら分かるはず!
ということで、内容ですが、簡単に言えば、息子を炭鉱で亡くしたお母さんがちょっとおかしくなってしまって、炭鉱で亡くなった人が血と生贄で蘇ると知り、経営している田舎の喫茶店でふらりと立ち寄る旅行客を捕まえては生贄にする・・・みたいな感じです。
で、その亡くなった人が復活した姿は何とも形容しがたいモンスターです。イメージで言えば、サイレント・ヒルに出てくる感じ。死霊っぽくもないし、地底人的なところがあります。
主人公のちょっとロックなかわいこちゃんは、ドライブ先で被害に合うわけで、タイトルの「餌になる女」はまさに彼女ということになります。実際捕まると、安っぽいボロボロな何かしらの機械で得体の知れないもの(鉄分豊富な何か)を入れられたり血を抜かれたりするわけですが、その後が本番。なんと血を餌に亡者を呼び出し、つるされたまま餌にされるのです。
でもここでお母さんが「この子は気に入ったよ、耐えられるかもね」なんて意味深な発言をします。そこが終始わからないんですけどね。だって目的は餌をやることだと思うので・・・。(たぶんね)
で、途中でなんか頼りなくて調子の良い保安官気取りのリタイアさんが助っ人に現れるわけですが、元レスラーで鎖帷子装備のお母さんに反撃されます(笑)あのね、一番怖いのは亡者よりお母さんです(笑)
そんなこんなでVSお母さんになるわけですが、ここら辺の、何故か亡者を倒しに行くっていう展開がつなぎが荒すぎて、ストーリー重視の人にはウケが悪いと思います。
ブランコに一人乗るお母さんの虚ろな目が、哀愁があって考えさせられるくらいがこの映画の魅力でしょう。
あまり期待してはいけません。

★★☆☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/17 Mon. 02:57 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/434-5b1a67fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。