lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベイビー・ブラッド/Baby Blood  


ベイビー・ブラッド [DVD]ベイビー・ブラッド [DVD]
(2013/07/26)
エマニュエル・エスクルー、ジャン=フランソワ・ガロッテ 他

商品詳細を見る


公開年:1990
監督:Alain Robak
脚本:Alain Robak, Serge Cukier
音楽:Carlos Acciari

90年代フランスのスプラッターホラー。
血糊の飛沫を観たくてなんとなく鑑賞。血糊の量は良かったです(笑)
で、まあストーリーとしては、お腹に得体のしれないものが宿っちゃった!!って感じで始まるのですが、まあそれがエロティックに描かれます。個人的には、主人公の女性の歯がすいてるのがなんとも貧しさを強調して良かったです。
お腹に宿った命はなんと思考も会話もできてしまうのですが、なかなかカワイイ。
会話の内容も、割と知的な感じだったり、ともすれば宿った子が言葉の使い方なんかを覚えようとするシーンなど様々。男性不信の女性や男性嫌いの女性には「やっぱり男ってクソだ」と思うシーンも結構出てきます(笑)

最初は子ども(?)の方が主導権を握っていたような関係でしたが、徐々にお互いを大事に思うようになっていく過程は、女性鑑賞者には共感できる部分かと。特に、「ずっと一緒にいたい」なんて言われた日には・・・。
初めての出産、しかも得体のしれないもの、ということで不安に思って悪夢まで見る主人公(その夢がまた「そりゃないだろ」っていう感じ)ですが、割とすんなり産まれるというか、出産シーンはほぼ省かれます。どんなゴアシーンより出産シーンの方が上をいくと思うLith様なので、ここはちょっと残念でした。
で、意外や意外、産まれたときは普通の姿だったのに、しばらくしたら皮だけ残ってたのには笑えました。え、じゃあなんで最初からタコみたいな姿で出てこなかったの・・・(笑)
最後のシーンは「え?」という感じ。クトゥルフ神話っぽい姿の子も、ちゃんと海に還れたのかは謎のままでした。
う~ん、ちょっと惜しい感じが否めない作品。でも母子の愛みたいなのは良かったですよ。

★★★☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/02 Sun. 01:43 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/424-805a66ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。