lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Blood for the Master/Goatwhore  


Blood for the MasterBlood for the Master
(2012/02/14)
Goatwhore

商品詳細を見る


ジャンル
ブラックメタル、デスメタル、スラッシュメタル

リリース
February 14th, 2012

収録曲
1. Collapse in Eternal Worth★←KILLER TUNE!!
2. When Steel and Bone Meet★←KILLER TUNE!!
3. Parasitic Scriptures of the Sacred Word★←KILLER TUNE!!
4. In Deathless Tradition★←KILLER TUNE!!
5. Judgement of the Bleeding Crown★
6. Embodiment of This Bitter Chaos★←KILLER TUNE!!
7. Beyond the Spell of Discontent★
8. Death to the Architects of Heaven
9. An End to Nothing★←KILLER TUNE!!
10. My Name Is Frightful Among the Believers★

アメリカのブラッケンドデスメタルバンド、Goatwhoreの5thアルバム。
最初から良い感じのノリできてくれます!良いスラッシュ感・・・♪

"Collapse in Eternal Worth"は結構メロデス要素もあるんじゃないかな~と思います。熱い!疾走感良し!リフの和音が心地よいです。
"When Steel and Bone Meet"は疾走感は少しだけ落ちますが、シンプルなメタルのカッコよさがあります。何よりボーカルがデスラッシュ!って感じで良いんでしょうねえ。
"Parasitic Scriptures of the Sacred Word"は焦らせるようなギターリフがあるので疾走感に拍車がかかるように思えます。ドラムも終始攻め続けてくれるのも良いです。

"In Deathless Tradition"はちょっと雰囲気が変わりまして、低速気味の重さ重視な曲になってます。ちょっとブラックメタルっぽさが出てきてるかな~って感じ。Lith様こういう雰囲気大好きですね。メロディックブラック要素アリ。
"Judgement of the Bleeding Crown"はなんかどこかバイキング入ってるような入ってないような・・・なんか闘ってる感があるんですよね(笑)ちょっと特徴的な曲です。これもブラック入ってますね。
"Embodiment of This Bitter Chaos"は怪し~い感じから入ります。このクリーピーな感じたまらないですねえ。そしてしっかりデスラッシュ!良いですね~。カッコよすぎます。これはもうメロデスに片足入ってるところあると思いますよ。

"Beyond the Spell of Discontent"は結構またブラックメタル要素が出てきているような。デスラッシュとブラックメタルの融合な感じです。勢いはもちろんありますし、暴虐性たっぷりです!
"An End to Nothing"はデスラッシュ!一番疾走感のある曲です。おいおいバスドラどうなってんだよ?って(笑)めちゃくちゃ腹立たしいことがあって短い時間でスッキリしたい人向けです(笑)

デスメタル、スラッシュメタル、ブラックメタル、三つの要素を楽しみたい暴虐メタル好きは必聴のアルバムです!
素晴らしい~~久々に素敵なバンドに出会えたと思えました♪

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/15 Mon. 20:20 [edit]

category: 音楽:メタル:G

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/403-c7412c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。