lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

そして友よ、静かに死ね/Les Lyonnais  


そして友よ、静かに死ね [DVD]そして友よ、静かに死ね [DVD]
(2013/02/08)
ジェラール・ランヴァン、チェッキー・カリョ 他

商品詳細を見る


公開年:2011
監督:Olivier Marchal

Lith様にとって記念すべきフィルム・ノワール一作目!
フィルム・ノワールとは、字のごとく「暗い映画」なわけでありますが、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画をさして言うようです。
そしてこちらの作品、フレンチ・フィルム・ノワール(「男同士の友情と裏切り」をメインにしている傾向にある)ですから、やはり友情と裏切りが作品に詰め込まれています。
孫がたくさんいるような年老いたギャングが、かつての仲間のために25年間足を洗っていた犯罪の世界に再び足を踏み入れる・・・みたいなストーリーなのですが、『サクランボ、ひとつかみで』という自叙伝をベースにされていて、半分は実際にあったことのようです。なんでも、メインキャラクターのギャング、モモンことエドモン・ヴィダルは実在していて、更には撮影現場にも居たということですから驚きです。監督はオリヴィエ・マルシャルという元警察官。制作側でも元ギャングと元警察官がいるとは、なんだか面白い・エキサイティングな作品です。
そしてロマ族などの人種的なものも少し出てくるので、なんだか考えさせられたり。
ストーリー展開は、現在を軸として、回想が合間合間に入るので、あまり表情に変化のないモモンの心境なども描くことができています。フィルム・ノワールゆえ、淡々と暗くどこか重く展開していきますが、それゆえに「男の哀愁」が引き立つ作品です。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/02 Sat. 11:53 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/197-ecdb038c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。