lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アナと雪の女王/Frozen  


アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray+DVD]アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray+DVD]
(2014/07/16)
クリステン・ベル、イディナ・メンゼル 他

商品詳細を見る


公開年:2013
監督:Chris Buck Jennifer Lee
脚本:Chris Buck Jennifer Lee Shane Morris
音楽:Christophe Beck


話題中の話題、それでもガッツリ時期を外して鑑賞したこちらの作品。
今や知らない人はおらず、街でもテレビでも主題歌を嫌と言うほど聴きますね。
内容としては、まあ、ディズニーらしいユーモアもあり、映像も美しく、ミュージカル映画なので歌も良く。
オラフという雪だるまがかなり良いキャラをしていました。
ディズニープリンセスストーリーとしては、女王や姫が王子と結ばれるストーリーをメインとしない『アナと雪の女王』はある意味異端作品なのではないでしょうか。(ディズニー作品はあまり詳しくありませんが)
「凍りついた心を溶かすのは真実の愛だけ」との言葉に、誰しも「異性からの愛」(特に王子)をイメージするところを、この作品は「姉妹愛」としました。家族愛こそ真実の愛だと。これはこの作品が大ヒットになった要因の一つなのではないでしょうか。シンデレラストーリーは、時代が移るにつれ理想から完全なる空想(憧れから非現実へ)と変わってきているため、ここで今までのようなシンデレラストーリーをメインストーリーとしてしまえば、ここまでのヒットは無かったでしょう。いまの世間には異性愛よりも家族愛(姉妹愛)の方が現実的で信じられる存在であったということだと思います。
この作品では、「愛に餓えている状態の危うさ」や「自己卑下から来るあらゆるものへの恐れ」など、現代によく見られる、誰しもが抱えたことのある問題を扱うため、感情移入がしやすかったのもあるでしょう。
歌が良いからヒットした、というだけではない作品です。女王は結局誰と結ばれることもない、というところも最大の魅力です。
あ、ちなみに作中に出てくる隠れミッキーやディズニープリンセスたちは一切見つけられませんでした(笑)

もう一つ余談ですが、DVDの特典映像についていたミッキーの作品がかなり良かったです。古いミッキー作品がお好きな方は感動するはず。

★★★☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/23 Wed. 00:14 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lithxxx.blog.fc2.com/tb.php/193-42ff65ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。