lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドント・ブリーズ/Don't Breathe  

eigacom_20161109006_0.jpg
公開年:2016
監督:Fede Alvarez
脚本:Fede Alvarez, Rodo Sayagues
音楽:Roque Baños

話題の作品ですね!劇場鑑賞してきましたので記憶を辿りながら書いていきたいと思います。
監督はリメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレス。製作には『死霊のはらわた』『スペル』『スパイダーマン』『THE JUON』などで知られるサム・ライミがいますよ!

ストーリー(allcinemaより引用)

長引く不況ですっかり荒廃した街デトロイト。
10代の少女ロッキーは、自堕落な親を見限り、妹を連れてここを出て行こうと考えていた。そのためにまとまった金を必要としていた彼女に、恋人のマニーとその悪友アレックスが、とある強盗話を持ちかける。
ターゲットは孤独な盲目の老人で、娘を事故で失った彼は、賠償で得た大金を自宅の地下室に隠し持っているらしいというのだった。それを盗み出すのは彼らにとっては、いとも容易い仕事に思われた。
こうして真夜中の老人宅に侵入した3人だったが、すぐに彼らは自分たちが相手にしている男が、単なる目の見えないだけの無力な老人などではないことを悟るのだったが…。



ということで、盲目のおじいちゃんのお家に泥棒に入ったけどそのおじいちゃんは元軍人の強者だったよ!というお話です。
泥棒に入って痛い目を見るという映画はホラーでいうと『ワナオトコ』、コメディで言うと『ホームアローン』シリーズを思い出しますね(前者については個人的)。

さて、登場人物は常日頃から盗みを働いている三人組、ロッキー、アレックス、マニー。
各々事情があって盗みを働いていると思いますが、特にロッキーはストーリー紹介にもありますように、他に手段がなく(思いつかず)盗みを働いています。その背景がキャラクターの「盗み」という行動への鑑賞側の道徳心を揺らすわけですね。盗みはダメだけどその背景を知るとなんとも・・・といったやつです。
対して今回のエネミーは盲目の老人。演ずるスティーヴン・ラングはアクション映画などに出演する方ですが、演技力は素晴らしいものがありましたよ!
web1_Don-tBreatheCMYK.jpg thumbnail_24437.jpg

本作、ロッテンでも80パーセントを超える高評価、Twitterでも高評価なツイートばかり流れてきました。
中には「ホラー映画を普段観ない人には絶対おすすめできない」と言う人まで・・・。
プロダクションカンパニーはGhost House Pictures、今までの作品の中では『スペル』の次に評価の高い作品なので嬉しいでしょうなあ。
と、いうことで、私も期待して劇場へ足を運びましたよ。

早速個人的感想へ。
ハッキリ言ってしまうと、そんなに怖くないです。緊張感はあるかもしれませんが。
ということで、私からするとむしろ「ホラー映画を普段観ないけど緊張感のある適度なホラー風味を味わいたいなら観てみて!」といったところ。胸糞悪さもライトな感じで、そういった意味でも一般向け要素があります。

ホラーではない。ならばなにか。個人的にはスリラーですね。スリラーといえば「不安感」「緊張感」なわけですが、ホラー映画は「恐怖」なわけですから、本作のような「盲目の老人は聴覚を使って戦う、ならば音を立てずに脱出しなければならない」というシチュエーションは「恐怖」というよりも「緊張感」な気がするのです。だって老人は超能力もないし。確かに殺しにきてはいますが、聴覚を駆使して殺しに来る、というだけでは、まだ「スリラー」枠なのではないか、という個人的な考えです。まあ公式は「ホラー」枠ということなのですが!

さて、では個人的感想なので「スリラー」としての魅力をちょちょいと書きたいと思います。
まず、なにより、クール!なんていったって、「軍に所属していた聴覚を駆使して戦う盲目の老人」ですよ!?その設定だけで熱いですよね!スピンオフ作ってほしいくらい!
それにですね、この人序盤の設定では完全に被害者だと思うのですよ。だって静かに暮らしていたところに急に若者3人の強盗が来るんですよ。一人は拳銃を持って脅してくるんですから、正当防衛で射殺することも許されるわけです。ま、後半からはサイコ設定が出てくるので同情の気持ちは薄れるんですけどね。そこがまた巧いなあと思うところです。
若者たちとのファーストコンタクトではよぼよぼの老人な雰囲気がありますが、一度スイッチが入ると素早いし強い。よく見ると腕の筋肉すごい。そりゃ押さえつけられますよね。ここんとこカッコいいです。聴覚だけを頼りに拳銃を操るんですから物凄い能力ですよ。
No-respires-Fede-Alvarez-2016_reference.jpg maxresdefault.jpg

まあ若者側としてはたまったもんじゃないですよね。悲しすぎる誤算です。まさかそんな最強の老人の家だとは思っていなかったのですから。
老人との追いかけっこが始まって終盤に差し掛かるとテンポよく進んでくれるので快いです。まあ全体的なランニングタイムとしてもちゃっちゃとやってしまわないと間に合わないですしね。
ひとつ個人的に惜しかったのはブレーカーを落としてから次のシーンに変わるときの繋ぎがちょっと粗い気がしたところでしょうか。
しかしながら全体として、冒頭と終盤で同じ画になっていたり、素敵な点も多かったですよ。

EDは秀逸。
両者が戦った様々な場所が映し出されます。美しいですねえ・・・まるでアルバムをめくっているような美しさです。良い思い出だ・・・(私にとっては)。

249498.jpg

長々と書きましたが、総合的にはとても優れたエンターテイメント性のある作品だったと思います。
ホラー映画を普段観ない方、最近ドキドキしてないなという方、さくっと終わる映画が観たい方、カッコいいおじいちゃんが好きな方などの方々はぜひご覧になってみてください。面白いですよ。ホラー度は低いですけど(個人的感想)。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/23 Fri. 21:24 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

地獄の警備員  

4529971710931_1L.jpg
公開年:1992
監督:黒沢清
脚本:富岡邦彦, 黒沢清
音楽:岸野雄一

『地獄の警備員』、面白い作品ですよとの情報を得たので鑑賞してみました。
久々の邦画レビューですね。
監督の黒沢清は『CURE』『回路』なんかでも有名でホラー映画好きは聞いたことがある名前だと思います。最近で言うと『クリーピー 偽りの隣人』が劇場公開しましたね。

ストーリー(allcinemaより引用)

警備員として雇われた元力士の富士丸。彼は過去に殺人を犯しながらも精神鑑定により無罪となっていた。一方で、絵画取引のために雇われた元学芸員の秋子は忙しい毎日だった。そんな中、富士丸は同僚を殺害、徐々に狂気をあらわにして行く……。



ということで、サイコスリラー作品です!
ま、警備員として来たサイコキラーがビル内で殺戮するよというストーリーです。
主人公は絵画に造詣のある美人さん、秋子。ああだこうだしている間にイヤリングを片方落としてしまうのですが、それを拾った富士丸はそれを耳につけるんですね。それを人のうわさで聞いた秋子。「あのでっかい警備員いるだろ、あいつ片耳だけイヤリングしてるんだぜ・・・」。
青ざめる秋子は、人事部のお偉いさん(ちょっとイケメン)に相談したりしながらも、同時に上司からのセクハラに耐える日々。
・・・そんな感じですね。
BtaTwyECYAAzQ-c.jpg

早速個人的感想に入ってしまいましょうか。
冒頭はタクシーに乗る秋子シーンから始まります。タクシーの運転手は最近世間を賑わせている殺人犯(富士丸)の裁判について話します。そんなことはいいからさっさと新しい職場に着きたい秋子はソワソワ。
それは良いんですけど、このタクシー、全く動いている気配がないんですね(笑) そりゃ秋子も「まだ着かないんですか?」って何度も訊くわっていう・・・。

秋子が落としたイヤリングを富士丸が耳に着けるというのは前述した通りですが、それについて富士丸は「ある人が俺のためにイヤリングを置いていった」という解釈をしているらしいんですね。「あの人は俺を試してるんだ」とのこと。もうね、そこからしてサイコですよね。解釈がぶっ飛んでやがる。

肝心のマーダーシーンですが、もちろん富士丸は超能力など持っていないので持ち前の腕力でバンバン殺します。
主な凶器は警棒。撲殺メインですね~
初めて秋子の同僚が殺されるシーンではボッコボコに殴った後、腕の骨を折り、最後にお湯をかけます(笑)
まあちょうど、給湯室でその人がお湯を沸かしていたからなんですが、完全にその場の思い付きですよね(笑)

なんだかんだあって生き残る秋子とイケメン人事部。
追いつめられる二人に富士丸は語り始めます。
「みんな俺のような人間の存在を信じようとしない」「俺のことを忘れるな」・・・。
「俺のことを忘れるな」というセリフは作中何度か出てきます。富士丸の一番言いたいことなのかも知れません。
個人的には、もしかしたら存在証明をしたかったのかな、などと思いました。真相は描かれません。

あ、あと人事部と秋子は結ばれると思いきや妻子持ちで高級車で駆けつけた妻子を抱きしめてました。その画面の端っこで階段を上り去っていく秋子。クールだなあ(笑)
富士丸がどうなるかはここには書きませんが、個人的には良かったかなあと思うオチです。

総合的によくできたサイコスリラーだと思います。

★★★★☆

Posted on 2016/12/23 Fri. 15:58 [edit]

category: ホラー以外の映画

tb: 0   cm: 0

新・13日の金曜日/Friday the 13th Part V: A New Beginning   

2099_l.jpg
公開年:1985
監督:Danny Steinmann
脚本:Martin Kitrosser, David Cohen, Danny Steinmann
音楽:Harry Manfredini

やっぱり完結してなかった『13日の金曜日』。ニュー・ビギニングということで、新たな章が始まります。
前作でホラーなキャラクターとなってくれた男の子トミーの成長した姿が拝めます!

ストーリー(wikiより)

約一週間で、3度にもわたって起こったジェイソン・ボーヒーズの連続殺人事件は、トミー・ジャーヴィス少年がジェイソンを葬ったことによって、ようやく幕が降ろされた。
しかし数年後、母親をジェイソンに殺され、共に生き延びた姉・トリッシュとも引き離されたトミーは、ジェイソンに襲われた経験がトラウマとなり、18歳になってもその悪夢から逃れられずにおり、精神病院を転々としていた。
そんな中、森の中にある精神病院で暮らすことになったトミーだが、病院にて、自分と同じく精神病院で暮らしていた者同士による殺人事件が発生。その翌日に病院付近にて、死んだはずのジェイソンの犯行と思われる猟奇的殺人事件が発生し始める。



登場人物紹介はちょっと目立っている人たちだけにしておきます。
今回の舞台は精神的に少し問題のある子たちが過ごす療養施設です。ということで、各々抱えた問題があるようですね。
まずは主人公のトミー。前作ではかなりの強烈なキャラクターを見せてくれましたが、今作はちょっと激昂しやすくなっているようで、人に手を出したりするシーンもあります。共同生活なのでそういうことも起きやすいのだからこの施設には合わないのでは・・・と個人的には思ったり・・・。しかしかなりパワーアップしている。俊敏な動きで相手をやりこめたり、相手をひっくり返したりします。ちょっとドキドキ。
f13-part5-tommy.png Friday-the-13th-A-New-Beginning-friday-the-13th-20997215-900-506.jpg

さて、他にも若者たちが暮らしていますが、子どももいます。
トミーが子どものころから大切にしていた宇宙人やモンスターのマスクを喜んで触る男の子、レギー。作中では巻き込まれ、そのうえ結構勇敢な姿を見せてくれます。
あとは近所に住む親子でしょうか。教養の欠片もない下品な二人で、度々施設に怒鳴り込みにきています。まあ調子に乗った若者数人が悪いのはそうなんですけどね。息子の方はトミーと対決するシーンがありますが、なかなか格好いいトミー君が見れますよ。
FF5-Pic-4.jpg friday-the-13th-part-5_3.jpg

そして施設で過ごす人間の中でも一番好きなキャラクターはやはり空気の読めないおデブちゃんですね。
チョコを汚くもぐもぐしながら、それぞれの仕事に勤しむメンバーに声をかけて回ります。「手伝うよ!」と。もちろん役立たずに任せる仕事などありません。なにをやってもダメ。
そんな彼は、やめときゃいいのに筋肉の目立つ寡黙なイケメンに近づきます。斧を振り下ろして薪を割る彼はうざったく絡むおでぶちゃんにぶち切れ殺します(その展開好き)。
PS_Pt5_25.jpg friday_the_13th_a_new_beginning_horror_review-7.jpg

さて、そんなこんなでホッケーマスクな彼の殺戮が始まります。今回の犠牲者はかなり多く、スラッシャーホラーとしては量的に十分すぎるほどです。ありがたいなあ、ありがたいなあ・・・。
早速個人的な感想に入ってしまいましょうか。

先ず、やはり前作のキャラクター、トミーが出てきてくれたところは嬉しかったですね。そして彼が持っていた宇宙人マスクは前作でも登場したもの。こういう繋がりは好きですね~。
マーダーシーンについてですが、両目をハサミでチョッキリしてしまうなどの発想と画は素晴らしかったですね。首切りもありますし、なかなか魅力的です。で、最高なのは窓から死体が投げ込まれるシーンですね。もうお約束な感じもする。大好きです。
f13-5-ouch.jpg

さて、ホッケーマスクな彼はですね、またもや超人になっています。怪力半端ない。瞬間移動レベルの移動速度(徒歩)。
最初はトミーの幻覚として登場します。その姿には鑑賞側もドキッとしますね。「来たか!?」っていう。来てません。
トレードマークはホッケーマスクだけではありません。鉈!ナタ!NATA!!そう、彼のメインウェポンは鉈なのです。
今回も大活躍の鉈ですが、一番熱かったのはチェーンソーVS鉈のシーンですね。チェーンソーで攻められるなか、鉈で対抗する・・・うん、字面だけでもカッコいい。
Friday-the-13th-part-5-hor.jpg tumblr_inline_njdrxxynhb1szqb3l.jpg

ここまでいろいろと書きましたが、本作で彼の被っているホッケーマスクによ~く注目していただきたく思います。よ~~~~く見てください。よ~~~く。何か気づいたら、それは本作で回収されますよ。
個人的にはそのオチは別に要らないなと思ったのですが、まあいいか、という感じでした。
全体的にはスラッシャーとしては面白い方なのではないかな。
Friday-the-13th-A-New-Beginnin.jpg

★★★★☆




Posted on 2016/12/20 Tue. 17:31 [edit]

category: ホラー映画

thread: ホラー映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

13日の金曜日 完結編/Friday the 13th The Final Chapter  

file_740573_MV5BMzU1NTA3ODQz.jpg
公開年:1984
監督:Joseph Zito
脚本:Barney Cohen
音楽:Harry Manfredini

引き続き『13日の金曜日』シリーズから4作目!
先に言ってしまうと、「完結編」とか言ってますが完結していません。続ける気バリバリの終わり方をします(笑)

ストーリー(wikiより)

前回の惨劇が終わった日の夜。大規模な数のパトカーや救急車のランプが、クリスタルレイクのキャンプ場の夜を照らしていた。警察と救急隊員によって、ジェイソンに殺された高校生やバイカー達の死体が回収され、その中には事件の首謀者であり、生き残ったクリスに頭部へ斧を叩き込まれたジェイソンの死体も含まれていた。だが、死体安置所に運ばれたジェイソンの死体が突如動き出し、検視員や看護婦を殺害。蘇生したジェイソンはクリスタルレイクに戻り、ヒッチハイカーや、また別のキャンプ場に訪れていた若者達、そしてキャンプ場付近に暮らす特殊メイクの才能を持った少年、トミー・ジャーヴィスの一家に襲い掛かる。



登場人物はまた特に紹介しませんが、まあ例のごとくティーンエイジャーがやられる流れです。今までよりももっと頭のゆるそうな若者たちが出てきますので、スラッシャーされるのも頷けますね(笑)ロックな音楽で踊り狂ったりします。好きですよ、そういうの。そして次々と殺されていくわけです。
特殊メイク・特殊効果はかの有名なトム・サヴィーニが担当しておりますが、ぐちゃぐちゃ!どろどろ!でもなく、マーダーシーンは割とシンプルな印象です。終盤のジェイソンは割と見ごたえはあるかもしれません。
KidsParty.jpg

冒頭はシリーズのファースト、セカンド、サードの映像です。ああ、そういえばそうだったねと、おさらいするには良いのではないでしょうか。そこからジェイソンの死体の傍でいちゃいちゃし始める医療関係者のシーンへとストーリーは進んでいきます。ま、やっぱり殺されるんですけどね。
初っ端から首を捻じ曲げたりするあたりは出し惜しみのないようで好印象です。
今回のジェイソン君もその怪力は健在。前作よりも凄みが出ており、さすがホラー界の有名殺人鬼といった風格。
布袋で純粋な目を覗かせていた頃とは全く雰囲気が違いますね~。なんとも、カッコよく成長してくれたものです。
そのほか、死体が窓から吹っ飛んでくるなど、ファーストを意識した?シーンもあり、個人的には好感度UPです。
z8kZL.jpg

今作の重要キャラクターはトリッシュという若者の弟、トミー。
シリーズでは初めて子どもが巻き込まれますね。そしてただ巻き込まれるだけではなく大活躍してくれますし、続編にも大変重要なキャラクターとして登場しますから要チェックです。
最終的に生き残ったお姉ちゃんと一緒にジェイソンに立ち向かいますが、立ち向かい方が割と意外性のあるもので、印象強さは半端なく強いです。そしてその後のトミーの変貌もなかなかに素敵なものになっています。強者は生き残る!間違いなく一番ホラーなキャラクターです、トミー君。
終盤の逃走劇は割と楽しいですよ。
friday-the-13th-final-chapter-bottom.jpg friday-the-13th-the-final-chapter.png

結構面白みやインパクトの強さがある作品だと思います。
やはりサヴィーニがいると違うのかもしれないな、などと感じました。
ジェイソン君が人間であったのはこれで最後になります・・・ある意味完結編なのかも?(笑)
トミー君の良さに星を増やしておきます。
★★★★☆

Posted on 2016/12/20 Tue. 14:25 [edit]

category: ホラー映画

tb: 0   cm: 0

13日の金曜日3/Friday the 13th Part III  

220px-Friday3.jpg
公開年:1982
監督:Steve Miner
脚本:Martin Kitrosser, Carol Watson, Petru Popescu
音楽:Harry Manfredini, Michael Zager

引き続き『13日の金曜日』から3作目!
ここからは皆さんご存知のホッケーマスクを被ったジェイソンが大活躍しますよ!

ストーリー(wikiより)

前回の惨劇の翌日。
ジェイソンの引き起こした猟奇的殺人事件の全容がニュースで語られる中、ブレアーズタウンのクリスタルレイク付近にあるカフェを営む夫妻が何者かによって殺害される。
そのまた翌日。クリスタルレイク付近の、前回の惨劇の起きたキャンプ場とは異なる別のキャンプ場に、数人の高校生達が訪れる。メンバーの一人であるクリスは、以前クリスタルレイク付近で自分を襲った異形な顔の怪人の悪夢に苛まれていた。だが若者達は気付いていなかった。訪れたキャンプ場の納屋の中に、前回の惨劇より生き延びていたジェイソンが隠れ潜んでいた。



ま、今回も若者たちが犠牲になる流れなのですが、冒頭はなぜか夫婦が殺されます。え?なんで殺された?ちょっと驚き。
とりあえず登場人物は詳しく紹介するのも特に必要なさそうな気がするので今回も省きましょう。でも結構キャラクターはしっかりしていると思いますよ!彼らに途中で絡んでくる不良たちもなかなかに好感を持てます。そして調子に乗った空気の読めないおデブちゃんが出てくるのは好印象です。特に仲の良いカップルもおり、準備は満タンって感じですね。
1476_3.jpg afro3.jpg

今作は3D上映されたものらしく、それを意識した演出も多々見受けられます。とはいえ2D鑑賞でしたから、「あ、ここ意識してるな」くらいで終わってしまいましたが・・・。例えば目玉が飛んでくるシーンなどなどです。でも特殊メイクがクソです。
分かりますかね、この画像の目玉の奥の人形。ハッキリ見えなくても分かりますよね、いかにクソなのか。逆に好感度上がりそうですよ(笑)
Friday-the-13th-3_rickeye.jpg Jason1.jpg

作品冒頭はまたもや前作のおさらいから始まる親切設計。
テーマソングはポップなホラー感があり好印象です。ということで、緊張せず身構えせず暇だから観てみるか的態度が一番でしょう。
だって、殺された人がちょっと呼吸しちゃってるところあるし。特殊メイクはクソだし。前述した通り目玉がポーンとこちらに向かって飛んでくるわけですが、そこも特殊メイクに不満が否めずでした。
ですが、真っ二つの死体などはちょっと良かったですよ。刺激的ですね~こういうのが欲しいんですよ。
そんな私が一番テンションあがったのは、作中、女の子がFANGORIA読んでいることなんですよ(FANGORIAは有名なホラー映画雑誌)。ええー!?噓でしょ!お風呂上りにバスローブ姿でFANGORIA読む女子高生とか最高じゃん!友達になりたい!

さて、ジェイソン君ですが、ホッケーマスクを被る姿は「おー、ジェイソン」としっくりきました。たぶん、初見の方もそう思われるでしょうね。このPart3からは異常な怪力になっています。びっくりですよ。人の頭を圧し潰して目玉を飛び出させるくらいですから。
ホラー作品としての評価はキャラクター掘り下げの点くらいしか褒めるところがありませんが、ジェイソン君のホッケーマスク姿の原点であることは間違いなく、今後のストーリーに、はては『13日の金曜日』シリーズ全体に大きな影響を与えたという事実は認めざるを得ません。
とはいえオチの酷さはどうにかしてくれ、頼む・・・。
friday-the-13th-part-3-jason-window.png 968full-friday-the-13th-part-3-screenshot.jpg

★★★☆☆

Posted on 2016/12/20 Tue. 13:20 [edit]

category: ホラー映画

thread: ホラー映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。