lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コレクター/The Collector  

the-collector-1965_dvdcover.jpg

公開年:1965
監督:William Wyler
脚本:Stanley Mann, John Kohn
音楽:Maurice Jarre

『コレクター』ってよく映画番組でやってたよなあ・・・あれ?二つ作品ある!!
ということで鑑賞に至りました。ちなみによく放映されていたのは今回レビューする作品とは無関係です(笑)
『嵐が丘』『ローマの休日』などを手掛けたウィリアム・ワイラーが監督した作品です。


ストーリー
職場でからかいの的にされていたが、突然、宝くじで莫大な金を手にいれたフレディは、野原で今日も趣味の昆虫採集をしていた。
すると偶然、売られていた古い屋敷を見つける。金に困らないフレディは即購入。そして恐ろしい計画が始まるのだった・・・

結構簡単に書いてしまいましたが、冒頭はこんな感じ。

登場人物紹介と行きましょう。
先ずはフレディ。今作で女性を誘拐し監禁する(軟禁でもいいかな)する男です。職場ではからかいの的にされ、オフィスの隅で肩を縮めて働いています。イケメンなのになあ・・・
主人公のフレディを演ずるテレンス・スタンプは、78年の『スーパーマン』や、99年『スターウォーズ エピソード1』そして『ホーンテッド・マンション』なんかでも馴染みのある方ですが、その他にも有名な作品・大作に多く出演されています。
collector 1


そして誘拐される側のミランダは美術学校へ通う学生です。
ある意味純粋、ある意味おばかさんなところがある彼女ですが、「女性」を感じさせるキャラクターで好印象。
メインはフレディとミランダの二人で物語は進んでいきます。
the_collector_018.jpg


まず誘拐方法ですが、古典的にクロロフォルムで意識を失わせてからの犯行になります。なんか生々しいところがあるんですよね・・・派手じゃない分。フレディはずいぶん前からミランダを狙っていました。
thecollector011.jpg thecollector.png


そして早速誘拐され監禁されることになりますが、「誘拐」の字から想像される状況とは真反対で、フレディは真摯にミランダを扱い毎食素敵なメニューを運んで甲斐甲斐しく世話をします。
ミランダが学生だからこそその監禁状態から抜け出したいと思ったところはあるのでしょうし不謹慎なことを言うようですが、これだけの厚く丁寧な扱われ方だったら「働かなくても飯が食える」状態なので羨ましく思ってしまう人もなかにはいるのではないでしょうか(笑)
459862942_640.jpg d382fe69b08bfeadefa0585b2a1a0b28.jpg
監禁の舞台となる離れと、ミランダに心無いことを言われ凹むフレディ


真摯に振る舞うフレディに少しずつ慣れ、交渉の後に数週間後に解放する約束を取り付けたミランダは日々絵を描きながら、壁にも解放までのカウントダウンを刻みます。
1113591927.jpg


さて、ここまでの説明を読んだ未鑑賞の方々は「なんだ!穏やかそうじゃん」と思うでしょうが、このブログで穏やかな作品を紹介することはあまりありません(笑)
実はこの作品、かなり怖いサイコスリラーです。オチのつけ方がとても上手い。見事に騙されます。
心理描写の面では音楽がとても良い仕事をしてくれていて、人物の感情が伝わってくるようです。こういう音楽の使われ方って良いですよね~。『インターステラー』なんかはまさに音楽の効果をふんだんに得た作品でした。
今作品の良いところをもう一つ挙げるとすれば、話がまとまっているところでしょうか。広げすぎていないところが良いんですよね~。欲張りすぎて収集がつかなくなってる作品ってままあるじゃないですか。その中途半端さがない。
しかしながら1つだけ残念なのは、終盤で現れるフレディの思想があまりに唐突であるところです。原作小説には丁寧に描かれているようですが、語り口調であるために映像化し難かったようですね。フレディの本当の人柄と思想と背景をもう少し知れたらもっと面白かっただろうなあと思うところです。

シンプルかつ良いオチの作品でした。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/03 Sun. 15:34 [edit]

category: ホラー以外の映画

thread: 映画レビュー - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。