lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

マザー  


公開年:2014
監督:楳図かずお
脚本:楳図かずお、継田淳
音楽:中川孝


ホラー漫画界の大御所、我らが楳図かずお氏による初監督作品です!
全く期待してなかったのですが鑑賞してみました。


ストーリー。
楳図かずおのもとに、とある出版社から楳図の半生についての書籍化企画が来た。楳図が受け入れると後日、新人編集者が緊張した面持ちで訪ねてきた。編集者・若草さくらは、楳図の大ファンであった。

取材を重ねるうち、さくらは楳図独特作風の原点が、楳図の亡くなった母親・イチエとの記憶に関係していると感じ、楳図が幼少期を過ごした奈良県の曽爾村に向かうことにする。周りで起こる奇妙な現象のなか、さくらは楳図が生まれる前にイチエのまわりでおきた事件の存在を知る。そして廃墟になったイチエの実家で恐ろしいものに遭遇する・・・
一方楳図は、親戚や数人からイチエの亡霊が出て誰が殺されただのとの連絡が重ねて入ることに戸惑っていたが、よく話を聞くと、事態は生前イチエが話していた夢の内容と酷似している。もしそうならば、最後にイチエが訪ねるのは楳図の元である。
時間を超えた母の思いは子への愛しさゆえなのか、それとも・・・?

こんな感じですかねー。ちょっとwikiを基にして書いてみました。いつも自分なりに作品のストーリーをご紹介していますが、今回はまたなんでかっていうと、ほんっとにダメな意味で複雑というか、辻褄が合わないというか・・・読解力がかなり試される作品なんですね~これが。


まあ、まずは登場人物紹介でも。

今回は監督を務める楳図先生が主人公となりますが、役者はなんとらぶりんです(笑)
これがねえ、また赤ボーダーが似合わないこと似合わないこと(笑)
若草さくらちゃんは可愛い感じで最初もじもじしながら楳図先生(らぶりん)と話しますが、結構早くそれに慣れてます(笑)

絶望的に楳図ボーダーが似合わない楳図先生とさくらちゃん

そして作中楳図かずおの母親・イチエ。めっちゃ綺麗なんですよねー。老いた母親なんてそうそう呼べない美しさです(笑)
お化粧をするシーンがありますが、もともとめっちゃ濃いメイクされてるので「え、要る?」って感じ・・・
今作品では恐怖の対象として描かれる彼女ですが、結構タフな感じです。
0058_s_large.jpg 22417123_10124.jpg
美しすぎるやろ!


さてさて中身のほうはどうかというと。

OPは割とまあ楳図先生らしい雰囲気かなと思います。やはり先ずらぶりんのボーダーTシャツの似合わなさやいちいち決めてくるドヤ顔の方が気になって仕方ありません(笑)ウォーリーだったら即見つかるレベル。

カメラワークはある意味期待通り(笑)で、特に良かった点は見られませんでした。途中で楳図先生の作品(漫画)が映し出されるシーンがあるんですが、もうそうやってマンガを延々と流してくれていいよとか思ったり・・・
しかしながら、イチエが真っ白な背景で大きく映し出される画はとても素敵だったと感じます。

BGMに関しては無駄に良いです。なんだこれ素晴らしい気味の悪さ!ポップさ!ここは見逃せない点でしょう。
もちろん楳図ワールドも楽しめますよ!血はなんとCGです。アニメーションらしいポップな表現をしてくれたのはとても好印象。楳図先生が漫画家であることを強く感じさせます。額に傷がつく顔は楳図先生ワールドそのまんまですね。大変良い!

そしてもちろんお笑いシーンもたくさんあります!これが良いのよね~
例えば、銃弾を手で受け止めるシーンがあるんですが、銃弾が放たれた瞬間手のひらを向ける、まるでマトリックスみたいだなあと思っていたらちゃんと傷になってた、みたいなね。「止めるんちゃうんかい!」と個人的につっこみました(笑)
2281.jpg
Gペンも不自然に刺さって怪我をします(作中ではおっちょこちょいでやったという設定)


あとは、イチエに対抗する般若経(?)の人たちが大勢出てくるんですが、めっちゃお経上げてるのにあっさりやられて笑いました。
結構大げさに地震起こしたりなんたりしてくるイチエですが、そんな大したことない感じで入ってきます。なんやねん。

そして何よりお気に入りのシーンが、幽霊との追いかけっこ。ここサイコーでしたよ!!B級ホラー好きには大ウケ間違いなしです!!『高速ばあば』を連想させる幽霊の猛ダッシュ、それから逃げるうちにこけるという様式美、なによりこの滑り方が画面の端から端までスライディグするという芸術性、最高です!!下手な関西弁からくるイライラも許せる!!
そんでもって疑問なのは、走るのはともかく幽霊も鏡にちゃんとその姿を映すというところですね。ここらへん先生はどうお考えなんだろうか・・・
あとしょこたんがめっちゃ可愛い。さすがしょこたん・・・

全体を通してよくわからないストーリー構成ではありますが、映画に突っ込んで楽しめる人には良いかと思います。
あ、あと終盤ではなぜかいきなり親子もののAVみたくなってるのでご家族でご鑑賞の際はお気をつけてください(笑)


★★★☆☆

スポンサーサイト

Posted on 2016/02/13 Sat. 16:28 [edit]

category: ホラー映画

thread: 映画感想 - janre: 映画

tb: --   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。