lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Equals One Sudden Death/2 Times Terror  

0f66f04a-a50c-494c-9d39-f1d28c4257df.jpg

ジャンル
インダストリアルメタル

リリース
19. May 2010

収録曲
D.E.A.D.
Lust
Kuoleman kehdossa★←KILLER TUNE!!
Forever Mine
Equals One Sudden Death
Maailman tuomari★
Metalorgy
Ikävässä paikassa★←KILLER TUNE!!
Vaatteet★
Vielä joskus★
Forever Mine (Porn-Bishop-remix)

フィンランドのインダストリアルメタルグループ、2 Times Terrorの1stアルバム。
どうやらここでもレビューをしたフィンランドのインダストリアルデスメタルバンド、Turmion Kätilötのメンバーが絡んでいるようで、曲調も似通っています。 Verjnuarmuのメンバーも絡んでいるようですので、インダストリアルメタル界隈のメンバーが多く関与したアルバムのようです。

"D.E.A.D."はハードなインダストリアルで、それこそTurmion Kätilötを連想させるのですが、それよりは爽やかです。
"Lust"は、 Tarotというバンドのメンバーが参加しているようです。前の曲よりも重さが加わっていますが相変わらずハードな感じです。この曲に関してはちょっとキラキラインダストリアル音が邪魔かなーとも思います。
"Kuoleman kehdossa"はちょっと可愛い感じも受けます。聴きやすさはありますね。ゲームやってるみたい(笑)これは良いですね。ちゃんと曲に追い付けます(笑)女性ボーカルも入ってくるのがなんだか珍しさを覚えます。ハードさももちろんありますよん。

"Forever Mine"はちょっと使われてる音が違って聴きやすい部分が少しあります。詰め込まれたようなハードインダストリアルからちょっとだけ離れてるので聴きやすさはアリ、しかしながら同時に面白さも失ったように感ぜられます。
"Equals One Sudden Death"はアルバムタイトルでもありますが、割と綺麗なところのある曲です。鍵盤楽器の綺麗なメロディとインダストリアルデスメタルの調和が可能とは・・・。ちょっとメロディアスに走っています。
"Maailman tuomari"はすぐにVerjnuarmuのボーカルだと分かりました(笑)いや~久々!相変わらず可愛いね!って感じです(笑)曲調は相変わらずですが、可愛らしさというかお茶目さが交じった曲になってます(あくまで私の感想)

"Metalorgy"はとってもTurmion Kätilötっぽい!そこにちゃんとしたギターリフの刻みをいれてる感じですね。
"Ikävässä paikassa"はハードさを少し落とした代わりにちゃんと刻みをいれてキャッチーさを入れてきてます。聴きやすく、ハードなインダストリアルデスメタルに初めて触れる人にもお勧めできます。ゲームのようなピコピコも出てきますよん。ピアノのソロがあったりして面白みがあります。
"Vaatteet"はバスドラの音がかなり強めに入ってきます。まあ、それあってこそのハードインダストリアルなんですけどね。なんだかおどけたような感じのある曲で印象強いです。
"Vielä joskus"はしっかり重め重視で良いデスメタルボイスにインダストリアル要素を足してる感じ。今までの疾走感あるハードさではなく、重さ重視ってことですね。ちょっとラムシュタインを彷彿とさせる曲調です。ちょっとメロディアスにしてるところがなんかトリ曲感じ出してきてますが、正直鬱陶しいですね(笑)

個人的にはTurmion Kätilöt聴いてた方が良いかなって感じです(笑)
とにかくこのハードなインダストリアルメタルは聴いていてだいぶ疲れますな・・・

★★☆☆☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/05 Thu. 19:17 [edit]

category: 音楽:メタル:0~9

tb: 0   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。