lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Three Days Grace/Three Days Grace  


Three Days GraceThree Days Grace
(2003/07/23)
Three Days Grace

商品詳細を見る


ジャンル
オルタナティヴメタル

リリース
July 22, 2003

収録曲
Burn
Just Like You★←KILLER TUNE!!
I Hate Everything About You★←KILLER TUNE!!
Home★←KILLER TUNE!!
Scared★←KILLER TUNE!!
Let You Down★←KILLER TUNE!!
Now Or Never
Drown★←KILLER TUNE!!
Wake Up★←KILLER TUNE!!
Take Me Under★
Overrated

カナダのオルタナティヴメタルバンド、Three Days Graceの1stアルバム。
メタルというよりもロック寄りなのですが、まあwikipediaさんに従ってメタルカテゴリにしておきます(笑)

"Burn"は普通にロックチューンですね。ありそうな感じ。ボーカルのアダムの声が好きな人は普通に聴けちゃいます。
"Just Like You"は超悪口言いまくる曲(笑)でもそれが爽快感あるんですね。曲調としては特に変調も無くシンプル。そこが良かったりもする。じんわり愚痴りたい人が口ずさむ曲ですね(笑)
"I Hate Everything About You"は結構有名な曲で、いろんなMADに使われてたりしますね。憂鬱な始まりで、別れた二人の憎しみみたいなものがテーマですね。

"Home"は「家に帰りたくね~あいつがいるし」っていう曲です。ティーンズがめちゃくちゃ聴きそうな歌詞(笑)前の曲よりも憂鬱さが増して重さがあります。
"Scared"はめちゃくちゃキャッチーな曲で、ノリも良し。鬱憤溜まってる人向けです(笑)最初のギターパートがまさに"Scared"(傷ついた)という感じで素晴らしいですね!こういう曲調大好きですよ!
"Let You Down"はまたもや陰鬱な感じの曲調へ。暗い所へ誘う何者かを感じさせる歌詞です。雰囲気良し。

"Now or Never"はなんだかありがちな感じでつまらない・・・う~ん。
"Drown"はまた重い感じで素晴らしいですね!憂鬱なロックチューンはやはり良い。曲の最後に囁くような独り言が入ってるのがまた素敵です。
"Wake Up"は聞きやすいロックチューン。"Where the hell are you when I need you"の部分がお気に入りです(笑)

"Take Me Under"はどことなく癒しがあるメロディです。"Overrated"はありふれたような曲調で特に面白くもなく。

相変わらずティーンズにウケの良さそうな歌詞で尚且つ平易な英語で書いてあるため日本人にもとっつきやすい。そして覚えやすい曲が多いので更に人気もある。人に薦めやすいバンドだなと思いますね。

★★★★☆
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/19 Mon. 10:17 [edit]

category: 音楽:メタル:T

tb: 0   cm: 0

One-X/Three Days Grace  


One-XOne-X
(2006/06/12)
Three Days Grace

商品詳細を見る


ジャンル
オルタナティヴメタル

リリース
June 13, 2006

収録曲
1. It's All Over★
2. Pain★←KILLER TUNE!!
3. Animal I Have Become★←KILLER TUNE!!
4. Never Too Late★←KILLER TUNE!!
5. On My Own★←KILLER TUNE!!
6. Riot★
7. Get Out Alive★←KILLER TUNE!!
8. Let It Die★←KILLER TUNE!!
9. Over and Over★
10. Time of Dying★←KILLER TUNE!!
11. Gone Forever★←KILLER TUNE!!
12. One-X

カナダのオルタナティヴメタルバンド、Three Days Graceの2ndアルバム。
特徴的な曲が多く、安定しています。歌詞はティーンズに受けそうな"痛み"をテーマにしたものが多く、日本人にも分かりやすい単語ばかりなので入りやすいと思います。かと言ってチープな曲たちではなく、しっかり楽しめますし、飽きません。これは良いバンド!
ボーカルであるアダムが感情的ながらも安定した声をしているので綺麗なんですよね。現在ではボーカルが変わってしまいましたが・・・。

"Pain", "Animal I Have Become"は痛みをテーマにした曲で、どちらも覚えやすくウケの良さそうな曲。
"Never Too Late"は前の2曲のように混乱状態ではなく、暗いながらも生きて行こうとする姿を描いた歌詞のようです。哀愁がありつつも激しさがあるので、沁みるような良さがあります。
"On My Own"は始まりからして暗いんですが(笑)、こちらも生き抜くことをテーマに強い精神力が歌詞に描かれてます。良い歌詞なのでLith様好きです。
"Riot"は勢いはそこまで無いものの、サビがライブ向けですね、一緒にRiot, Riot言ってると盛り上がりそうな曲です(笑)
"Get Out Alive"はまたもや暗い始まりですが感情的でディプレッシヴロックな感じがします。良い曲。
"Let It Die"は一転、明るい音を使っています。しかしながら重さは保持しているので心地よく聴けます。これがアルバム全体でも気分転換のような作用をしているように思えますね。
"Over and Over"は優しい音を使った曲ですね。サビはシンプルですが、ファルセットで情緒深さを出してきています。
"Time of Dying"は雰囲気が戻り、重さがある曲です。しかしながら歌詞は前向きで、カッコよくなってます。アダムの表現力や若干掠れのある声が良いです。和音が癒し。
"Gone Forever"は少しだけ明るくなるのかな?いや、やっぱり暗いっちゃ暗いです(笑)別れた男女の曲ってことで良いのかしらん。お前が消えて清々したわ・・・っていう思いを重く暗い曲調で描いてます。本当にそう思ってるのかしらん(笑)
最後はアルバムタイトルを冠した"One-X"で締め。ちょっと期待していたような曲ではなく驚きます。結構シンプルで重さもそこまで無いという・・・逆に良かったのかな?爽やかロックといった感じを受けます。
ボーナストラックで"Running Away"という曲が入っていますが、こちらは締めとして良い曲です。夕方のドライブに是非お供していただきたいような曲。

全体的に特徴的な曲が多くすぐ親しみを覚えられます。歌詞も簡単なので身近な洋楽として受け入れられるアルバムでしょうかね。

★★★★★

Posted on 2015/01/14 Wed. 02:17 [edit]

category: 音楽:メタル:T

tb: 0   cm: 0

USCH!/Turmion Kätilöt  

4e0c0f6c122e4db983db.jpg


ジャンル
インダストリアルデスメタル

リリース
11th. June. 2008.

収録曲
Vuosi 2008★
U.S.C.H!★←KILLER TUNE!!
Pakanamaan Kartta★
Kuolleitten Laulu
Paha Musta Veri
Minä Määrään★
Destination Hades★←KILLER TUNE!!
Kuoleman Pävä★←KILLER TUNE!!
Arise★
Shuttle To Venus
Hades★←KILLER TUNE!!
Alternative End For Your U.S.C.H!★
Million Dollar Business

フィンランドのインダストリアルデスメタル、Turmion Kätilötの3rdアルバム。
ハードコアなところがあります。フィンランド語と英語の曲が混ざってるアルバムなんですが、フィンランド語だと独特のノリが出てます。
いや~歌詞の入れ方が上手い!!デスが失われない程度にキャッチー!そしてインダストリアル特有のノリ易さ。テクノっぽさも入ってる気がします。数曲、箸休めの曲があります。
残虐性のあるインダストリアルメタル。"Kuoleman Pävä"は特にセンスが光ってます!ノリ良し!
ボーナストラックの"Hades"は前半がゲーム音楽のような感じで、デス要素はありません。後半になってから少しデスっぽさが出てインダストリアルデスへ変わってゆきます。哀愁のあるメロディアスさでクセになりそうな曲です。ピアノも入ってきたりして、美しさもあります。アルバムの中で一番良いかな~。
総合的にも、なかなか良い感じでした。

★★★★☆

Posted on 2014/09/11 Thu. 00:14 [edit]

category: 音楽:メタル:T

tb: 0   cm: 0

The Red Jewel/Tartaros  


Red JewelRed Jewel
(2000/02/15)
Tartaros

商品詳細を見る


ジャンル
シンフォニックブラックメタル

リリース
October 1999

収録曲
1. The Lamentable Sonata★
2. The Ruby Mine
3. A Shape in Fair Disguise★
4. Storm of Terror
5. Into the Faculty of Wonderful Secrets★←KILLER TUNE!!
6. The Red Jewel
7. In the Intense Domain of Grievousness
8. The 5th and the Hysteric

ノルウェーのシンフォニックのブラックメタルバンド、Tartarosの1stアルバム。
始まりからすごく雰囲気が良い!怪しげでダークファンタジックです。音のヘヴィーさはあまりありませんが、しっかりブラックメタル。ギターの音はどうにかならないのかなーと思いますが(笑)
"Into the Faculty of Wonderful Secrets"はとても良い雰囲気です!揺れるようなソプラノのバックコーラスがホラーを感じさせますし、ダークファンタジーの雰囲気も出ています。これは良い。
歌詞をざっと見てみると、物語のように書かれています。ダークファンタジーな音楽に合うんじゃないかしらん。
出てるアルバム一枚しかないので★一個おまけしとこ。

★★★★☆

Posted on 2014/08/26 Tue. 23:19 [edit]

category: 音楽:メタル:T

tb: 0   cm: 0

Intolerance/Throwdown  


IntoleranceIntolerance
(2014/01/21)
Throwdown

商品詳細を見る


ジャンル

リリース

収録曲
Fight or Die★
Borrowed Time
Avow★
Hardened by Consequences
Defend with Violence
Suffer, Conquer
Cut Away
Intolerance★
Without Weakness
Born & Buried Alone
Condemned to Live

アメリカのメタルコア、ハードコアパンクバンド、Throwdownの7thアルバム。
まさにジャンル通りなアルバム。良い声してます。かっこいい!
一曲一曲が短いので、アルバム通してさくっと聴けます。ちょっと面白みに欠けるかも。

★★★☆☆

Posted on 2014/07/16 Wed. 16:45 [edit]

category: 音楽:メタル:T

tb: 0   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。