lith様の備忘録

映画(主にホラー)・音楽(メタル)の雑なレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

婦人用/倉橋ヨエコ  


婦人用婦人用
(2011/02/09)
倉橋ヨエコ

商品詳細を見る


ジャンル
ジャズ歌謡

リリース
2002年3月28日

収録曲
盗られ系★←KILLER TUNE!!
金魚想う(スペシャル古城ミックス)
ラブレター★←KILLER TUNE!!
恋愛テム★←KILLER TUNE!!
アンドーナツ
夜な夜な夜な★←KILLER TUNE!!
残り者★←KILLER TUNE!!
土器の歌★
梅雨色小唄★←KILLER TUNE!!
キャバレー★←KILLER TUNE!!

日本のジャズ歌謡シンガーソングライター、倉橋ヨエコの1stアルバム。
1stから才能爆発・ヨエコ色満載です。素晴らしい。
最初からジャズ歌謡を決めてくれます。そしてヨエコらしい失恋ソング。良いですね。良い始まりです。
"ラブレター"はとても可愛い曲。そしてクセになるキャッチ―さ。
"恋愛テム"は少しダンスチューンのような雰囲気。ヨエコにしては異質な曲な気がします。ご機嫌なピアノですが、歌詞は思いっきり女性思考なので男性からすると少し恐怖を覚えるのではないでしょうか(笑)洗脳しかかってくるようなリピートに興奮します。
"夜な夜な夜な"はヨエコの中でもとても有名だと思います。間違いなくヨエコの魅力が最大限に溢れた作品です。洗脳しかかってくるようなリピート、湿っぽい歌詞、切羽詰まったようなピアノ、若干の狂気。素晴らしいですね。
"残り者"はアップテンポではありませんが、穏やかでダウナーで適度にノリの良さがあるので心地よい曲です。暗い。
"土器の歌"はマイナーで激しいピアノの戦慄から始まり、少しアダルトな雰囲気になってゆきます。打楽器とピアノで不思議です。
"梅雨色小唄"は弾き語りです。歌詞はアルバム一番良いです。優しさと悲痛さが交じったヨエコの声の使い分けが素晴らしい曲。
"キャバレー"はジャズ歌謡。これも素晴らしい。木管楽器の音が加わっています。Lith様大好きな曲の一つです。歌詞は相変わらず湿っぽい(笑)

★★★★★
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/30 Tue. 00:50 [edit]

category: 音楽:邦楽

tb: 0   cm: 0

色々/倉橋ヨエコ  


色々色々
(2007/02/21)
倉橋ヨエコ

商品詳細を見る


ジャンル
ジャズ歌謡

リリース
2007年2月21日

収録曲
桜道★
薬箱★←KILLER TUNE!!
いただきます
赤い屋根の下で
花とダンス★
あいあい★←KILLER TUNE!!
方程式★←KILLER TUNE!!
ダルマさんが転んだ
損と嘘★←KILLER TUNE!!
廃工場★←KILLER TUNE!!
今日も雨★←KILLER TUNE!!
白の世界★←KILLER TUNE!!
春夏秋冬

日本のジャズ歌謡シンガーソングライター、倉橋ヨエコの6thアルバム。
じめっとしてる曲や歌詞が多く、女性からの共感が多く得られそうな作風です。
"桜道"は最初からクライマックスがきたな~という感じ。タイトルのまま、別れをテーマとしています。
"薬箱"は病んでます(笑)そうそう、これがヨエコ。といった感じです。じめっとしている。素晴らしい。
"いただきます"はジャズ調でカッコ良さやオシャレ感がありながらも、歌っている内容はアレ(笑)でも、誰しもが一回は思ったことがあるようなことだと思います。
"赤い屋根の下で"は穏やかで明るい曲調で歌詞も幸せそうです。
"花とダンス"は可愛らしい雰囲気です。歌詞を復唱するとヨエコさんの声は一層魅力を増します。呪文のように何度も言うようで。
"あいあい"はちょっとロックが入り速さも出てます。キャッチーで明るい曲調でですが、ヨエコさんの声で軽くならないので良い!恋のはじまりの楽しさが雰囲気として出てます。
"方程式"はロックです。荒んでます(笑)ほんと、前の曲からガラリと変わるので笑えます(笑)しかしながら、アルバム中で一番良いと思えるほど重さアリのロックです!
"損と嘘"は思いっきりストーカーの曲です。イカれていて好印象。ヨエコさんにしか歌えないんじゃないかしらん。
"廃工場"みたいなこういう洗脳しかかってくるような繰り返される歌詞、最高です。曲調も不思議で、クセになります。
"今日も雨"は曲調も良いのですが、なにより歌詞が素晴らしい。アルバムで一番歌詞が良いです。

倉橋ヨエコの魅力が詰まったアルバム。

★★★★★

Posted on 2014/09/28 Sun. 02:01 [edit]

category: 音楽:邦楽

tb: 0   cm: 0

天氣輪組曲/黒色すみれ  


天氣輪組曲天氣輪組曲
(2007/10/30)
黒色すみれ

商品詳細を見る


ジャンル
ネオクラシック・オルタナティヴミュージック

リリース
2007/08/01

収録曲
1. 宵待草★
2. 恋は野の鳥★←KILLER TUNE!!
3. ディゲルナライア★←KILLER TUNE!!
4. あおすみれ
5. お姉ちゃまと一緒
6. さくら貝の記憶
7. ゆけ!少年十字軍!
8. お医者さんごっこ★←KILLER TUNE!!
9. 夢見る少女人形 ★←KILLER TUNE!!
10. チェック・メイト★←KILLER TUNE!!
11. 月光恋歌 ★←KILLER TUNE!!
12. すずむしの唄 ★←KILLER TUNE!!
13. 真珠の涙

日本のネオクラシカルユニット、黒色すみれの4thアルバム。
歌謡曲のような、クラシカルで美しく少女性をテーマにした個性的な楽曲たちにLith様だいぶ前からメロメロパンチです。
"宵待草 "は、ゆかさんのボーカルとさちさんのバイオリンのシンプルな演奏で構成されています。癒し!力強くそれでいて透明感のある声は最高です。Lith様も好きな竹久夢二に関係あるのでしょうかね。
"恋は野の鳥 "はタップダンスの強かでリズミカルな音から始まります。ここで一気に雰囲気が変わる感じ。そして物語が始まるように少しコミカルに歌うゆかさん!こちらの曲はオペラ『カルメン』の中で歌われるアリアとしても有名なので、メロディを耳にしたことがある人も多いのでは。
"ディゲルナライア"は『金婚式』のメロディなので、これも聴いたことのある方が多いはず。ゆかさんの声でとても特徴的で独特な印象を植えつけられます。
"あおすみれ"は冒頭のバックコーラスとボーカルのみの印象強さにやられます。なんだか不気味な感じがまた良い。
"お姉ちゃまと一緒"はちょっと後半がホラーな印象を受けます。ゆかさんの歌い方がわざと一本調子というか・・・どのような思いが込められているかは謎です。
"さくら貝の記憶 "は不思議な感じから始まります。インストゥルメンタル。アリスが穴の中へ落ちてゆくように、異世界へ連れて行かれるような・・・タイトルのとおり、さくら貝に染み込んだ記憶の世界へ連れて行かれているのでしょうか。ここからもっと黒色すみれの世界へ吸い込まれていく気がします。
"ゆけ!少年十字軍!"では、タイトルから連想される通りに、行進曲のような作品です。シンプルに作られていますが、途中から大太鼓の響きとバックコーラスが入り、少し盛大な感じになり終わります。結構短め。
"お医者さんごっこ "は思いっきり黒色すみれの世界!疾走感があり、さちさんのバイオリンも腕が鳴る!といった感じでしょうか。ゆかさんの上下する音程に驚きます。すごい!こんなに早さがあって、音の高さが上下する曲は黒色すみれならでは。クラシカルでファンタジーな、しかしどことなく、少しダークな感じも受ける・・・。カオティックな曲です。
"夢見る少女人形"はダークファンタジーな雰囲気がします。少し深い音が使われ、ゆたかな流れの優しいメロディが心に沁みます。最高の曲。泣きそうになります。
"チェック・メイト "はさちさんとゆかさんの舞台裏な声?が入っていて面白いです(笑) 曲自体は優雅に流れてゆきますが、歌詞は少し病んでいる感じ。それがまた絶妙にマッチして良い作品になっています。
"月光恋歌"はまさにキラーチューン!キャッチーで印象強い。変調アリです。少し重めのピアノと気高いバイオリンの音、そして単調なメロディを歌うゆかさんの声から、一気に変調して少し早くなり、愉快な調子になります。歌詞も素晴らしい。
"すずむしの唄"は雰囲気を変え、穏やかなメロディ。さちさんのバイオリンとゆかさんの高い歌唱力が見事に高い次元で交わって、至高の美しさになっています。

素晴らしいアルバム!!!

★★★★★

Posted on 2014/09/22 Mon. 22:25 [edit]

category: 音楽:邦楽

tb: 0   cm: 0

加爾基 精液 栗ノ花/椎名林檎  


加爾基 精液 栗ノ花加爾基 精液 栗ノ花
(2008/07/02)
椎名林檎

商品詳細を見る


ジャンル
パンクロック/オルタナティヴロック/エレクトロニカ

リリース
2003年2月23日

収録曲
1.宗教★←KILLER TUNE!
2.ドツペルゲンガー★←KILLER TUNE!
3.迷彩★←KILLER TUNE!
4.おだいじに★
5.やつつけ仕事★
6.茎★←KILLER TUNE!
7.とりこし苦労★←KILLER TUNE!
8.おこのみで★←KILLER TUNE!
9.意識★←KILLER TUNE!
10.ポルターガイスト★←KILLER TUNE!
11.葬列★←KILLER TUNE!

日本のロックシンガー、椎名林檎の3rdアルバム。
かーなーり完成度の高いアルバムとなっております。一番好きなアルバムです。
これまでのアルバムはバンド演奏による一発撮りだったらしいのですが、このアルバムではかなり音を重ねて重ねて重ねて、ある意味丁寧に作られたのでそう聴こえるのでしょう。
一つ一つの曲がそれぞれの世界観を持ちながら、アルバム全体として一つの作品になっています。今回は亀田氏の手を離れていますから、それも作風の違いに関わっているのかも知れません。一曲一曲を聴くというよりかは、アルバム通して聴いた方が良いと思います。
小学生当時に私がアルバムを初めて聴いたとき、「なんだこれは・・・!?怖い!」が感想でした(笑)
なんだかね、全体的に怪奇な感じなんです。「迷彩」や「意識」のPVをご覧になればその世界観が分かると思います。

このアルバムの良さといえば、収録曲それぞれの歌詞のレベルの高さです。椎名林檎は独特の言葉遣いで厨2病を増やした伝説の方ですが(笑)、特にこのアルバムではその言葉のセンスの高さがみられます。
たとえば「宗教」は、よく考えなければ言っていることが理解できないと思います。

椎名林檎と言えばかなり個性の強い人ですが、アルバム収録にまつわる逸話も面白いです。興味のある方はぜひ調べてみてください。

★★★★★

Posted on 2014/02/17 Mon. 18:37 [edit]

category: 音楽:邦楽

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

無罪モラトリアム/椎名林檎  


無罪モラトリアム無罪モラトリアム
(1999/02/24)
椎名林檎

商品詳細を見る


ジャンル
パンクロック/オルタナティヴロック/エレクトロニカ

リリース
1999年2月24日

収録曲
1.正しい街★←KILLER TUNE!
2.歌舞伎町の女王★
3.丸の内サディスティック★←KILLER TUNE!
4.幸福論 (悦楽編)★←KILLER TUNE!
5.茜さす 帰路照らされど・・・★←KILLER TUNE!
6.シドと白昼夢★←KILLER TUNE!
7.積木遊び★
8.ここでキスして。★←KILLER TUNE!
9.同じ夜★←KILLER TUNE!
10.警告★←KILLER TUNE!
11.モルヒネ★←KILLER TUNE!

日本のロックシンガー、椎名林檎のデビューアルバム。
さてさて!Lith様が超大好きな椎名林檎のデビューアルバムということで!彼女のデビューシングル「幸福論」のロックアレンジが、(悦楽編)として収録されています。どちらもそれぞれに良い仕上がりになっています。彼女の曲は歌うとその音の取りにくさが分かりますね。それをロックに歌い上げるところは彼女の魅力です。
「正しい街」の気だるい感じからはじまり、有名な「歌舞伎町の女王」に繋がります、このアルバムは全体的に気だるい曲が多いです。彼女が10代に書いた詩が殆どということで、恋愛関連ばかりです。が、その詩はとても10代で書いたとは思えない言葉のチョイスです。しかしながらそれが意味するところは女性は誰もが感じ、考える内容と変わりません。だからこそ、共感できるし、その表現力の高さに驚かされる。メロディアスな「茜さす~」はかなりお薦めの曲です。
必聴アルバムです。

★★★★★

Posted on 2014/02/17 Mon. 17:49 [edit]

category: 音楽:邦楽

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

最新記事

アクセスカウンター

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。